宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島エリア別観光スポット30選!

-この記事をシェアする-

『日本一の透明度の海』と言われている宮古諸島。いくつも美景ビーチや名スポットががあり、どこも宮古島中心街から車で30分以内と気軽に行けます。ぜひ、自分の目で確かめて一番の宮古ブルーを探しましょう!

宮古島とは?

与那覇前浜ビーチ

宮古島は沖縄本島から飛行機で約50分のところにあるサンゴが隆起してできた平坦な島。宮古諸島には宮古島を中心とした計7つの島が点在しています。宮古島の周囲には池間島、来間島、大神島、伊良部島・下地島、水納島、そして多良間島があります。どこも綺麗なビーチ、サンゴが豊富にありマリンアクティビティが好きな方には最高の島々です。

宮古島エリア別観光スポット30選!

宮古島は年間を通して、16℃以上と暖かく、海や名所を楽しむことができます。今回はエリア別に数ある名スポットの中から厳選してご紹介!宮古島は沢山名所があるので、旅行日程が限られている方は事前に行く場所、楽しみ方を調べてから行くのをおすすめします!

北部エリア

美しすぎる海と夕日スポットとして有名な場所。宮古島の最北端には夕日スポット”西平安名崎”があり、その眼前には池間島、そして池間大橋から海底が見えるほど透明な海がみられます。ダイバーに大人気の八重干瀬(やびじ)のある池間島の海ではカラフルサンゴや魚が生息する。北部エリアはのんびり南国の風景を味わえる観光スポットが満載です。

砂山ビーチ

宮古島屈指の観光スポットである砂山ビーチ

観光用ポスターなど所々で見る砂山ビーチ。こちらへ行くには、道中高台になっており、砂の山を越え、下った所にあるビーチ。アーチ状の巨大な奇岩が印象的。さらさらのパウダーサンドの白砂と海の色は格別。日没前後のサンセットビューも美しく人気ビーチの一つ。

砂山ビーチの詳細はこちら

海中公園

子連れ観光旅行におすすめの海中公園

地下に作られた天然の熱帯魚たちが見られるスポット。小さいお子様連れのご家族でも楽しめます。また、カフェもあり海を見ながらランチも食べられるので、ランチタイムに合わせていくのもおすすめ。

海中公園の詳細はこちら

西平安名崎

西平安名崎から見る池間島

宮古島の北端にある岬。近くにある大きな風力発電も迫力満点。昼間も夕暮れ時もそれぞれに美景が楽しめます。展望台からは池間島、伊良部島、大神島と3つの離島を一望できます。周辺には宮古島の牧場もあり、のどかな風景が広がっています。

西平安名崎の詳細はこちら

池間大橋

池間大橋

宮古島と池間島を繋ぐ橋。橋の上からでも透明度の高い海の中のサンゴ礁がみられます。池間島を渡ったところにある売店の屋上からは、橋の全景と周囲の島々を一望できます。

池間大橋の詳細はこちら

八重干瀬

八重干瀬の海中風景

数百種類を超えるカラフルサンゴと数千のカラフル熱帯魚がいる宮古島随一の海といえば八重干瀬(やびじ)エリア。シュノーケリングやダイビングなど有名な観光スポットとして有名なので、時間があればツアーに参加して日本有数の海中世界を楽しみましょう!

八重干瀬(やびじ)の詳細はこちら

八重干瀬ツアーの詳細はこちら↓

大神島

観光のパワースポットでは大神島

 出典:じゃらんnet 

自然に囲まれた静かな島。「神様に愛された島」といわれ、宮古諸島の中でもパワースポットのひとつです。フェリーの本数が少ないので、事前にフェリー時間を確認してからいきましょう。但し神聖な島なのでワイワイするような遊び方はNGです。

大神島の詳細はこちら

宮古島中心街

宮古空港の北西にある宮古島最大の繁華街・平良タウンは宿や飲食店が集まる賑やかなエリア。街を散策すると宮古の文化を伝える名所に出会える。空港、港も近く、旅の拠点にすると便利です。お土産や郷土料理などの観光しながら楽しめるものもあるので、空き時間や夜のディナーで向かうのもいいですね。

平良タウン

宮古島の繁華街の中心地平良タウン

 出典:4travel 

島グルメ&おみやげが大集合しています。郷土料理や島食材の料理が味わえるランチから晩ごはんまで、飲食店が揃っています。宮古そばや、果物を使ったスイーツ、島野菜などもおすすめ。

パイナガマ公園

市街地からすぐのパイナガマ公園

平良港のすぐの所にありサンセットが絶景です。市街地からも歩いて来れるので人気の高いビーチです。また、近くにディナークルーズをしているクルーズ船も停泊しており、ツアーに参加するのもおすすめ。

パイナガマビーチの詳細はこちら

クルージングツアーの詳細はこちら↓

宮古島市熱帯植物園

宮古島市熱帯植物園

 出典:じゃらんnet 

宮古島ならではの亜熱帯植物の世界を満喫できるスポット。亜熱帯特有の樹木が1600種以上の生育し、珍しい野鳥や小動物の観察スポットとしても有名。

宮古島市熱帯植物園の詳細はこちら

伊良部島・下地島エリア

2015年、伊良部島大橋の開通によって空港から車で30分でいけます。また、2019年4月より下地空港にLCCが発着することとなり、今最も話題の島。橋からの絶景はもちろん、ダイビングなどのマリンアクティビティの名所としても知られています。

伊良部大橋

日本最長の伊良部大橋

ダイナミックなドライブを満喫するならこちら。無料通行の橋としては国内最長の3540m。ゆるやかなカーブやアーチなどさまざまなポイントから絶景が楽しめ、各所に駐車スペースもある。サンセットをここから見るのもおすすめです。観光スポットとしては伊良部大橋は外せないですね。

伊良部大橋の詳細はこちら

渡口の浜

ホワイトサンドの渡口の浜

海は宮古諸島随一の透明度。伊良部島を代表するビーチで、ゆるやかなアーチ状の砂浜が800m続く。砂の細かさは宮古諸島でもトップクラス。カヤックやシュノーケリングなども行われています。

渡口の浜の詳細はこちら

通り池

通り池

出典:4travel

自然が作りあげた神秘の池。雨水による石灰岩の侵食がつくった巨大な2つの池が見られます。両方の池は底で外海とつながっており、人魚伝説が残る神秘的な場所としてダイバーたちにも人気のスポット。

通り池の詳細はこちら

下地島空港

来春からLCCが飛ぶことで今、最も沸いている空港。各所にホテル建設が始まっており、観光名所となる島です。

中の島ビーチ

人気シュノーケリングスポットの中の島ビーチ

下地島の西側にある天然の浜。サンゴ礁がすぐそばに迫り、シュノーケリングにおすすめです。こちらのビーチは今なお手付かずの自然が残っており、カクレクマノミが4種類見れたり、サンゴも沢山見ることが出来ます。また、風の影響を受けづらいため一年中海を楽しむことが出来るのも人気の秘訣です。

中の島ビーチの詳細はこちら

中の島ビーチでのツアーはこちら↓

青の洞窟

青の洞窟シュノーケリング

透明度抜群の海と太陽の光り方で変わる青の洞窟。こちらへはグラスボートやシュノーケル船、カヤックで向かうことが出来ます。洞窟周辺の海はとても澄んでいるため、シュノーケリング、ダイビングスポットとしても人気です。

青の洞窟の詳細はこちら

青の洞窟でのツアーはこちら↓

白鳥崎

複雑な地形が生み出す雄大な景色
島北部にある岬。海沿いの遊歩道からは、断崖絶壁や荒々しい岩場、ゆるやかな海岸線などを眺望できる。

白鳥崎の詳細はこちら

佐和田の浜

佐和田の浜

夕焼けも美しい個性的な浜。無数の岩がつきでた遠浅の浜で、干潮時には沖合まで歩いていける。珍しい貝殻を拾いに来る観光客も多いです。

佐和田の浜の詳細はこちら

牧山展望台

県の天然記念物のサシバをかたどった展望台からは伊良部島一の高さから見る風景は壮観。またここからは伊良部大橋が一望できます。

牧山展望台の詳細はこちら

幻の島”ゆにの浜”

幻の島といわれているゆにの浜

伊良部大橋から見える幻の島”ゆにの浜”。白砂でできた島で周囲は360度海に囲まれた無人島です。こちらへはカヤックなどで向かうことが出来ます。

幻の島”ゆにの浜”の詳細はこちら↓

南部エリア

有名リゾートホテルが立ち並び、透き通った宮古ブルーを味わうなら南部エリアもおすすめ。車でしか行けないエリアですが、わざわざ行っても価値ある海の絶景ポイントが点在しています。「東洋一美しい」とまで言われる美しい青い海をドライブやビーチリゾートで満喫するのもおすすめ。

与那覇前浜

マリンスポーツをする女子たち

東洋一の美しさと謳われる絶景ビーチ。輝いて見えるようなブルーやエメラルドグリーンのグラデーションが見事な海と、真っ白なパウダーサンドのコントラストが鮮烈。マリンアクティビティも楽しめる。与那覇前浜ビーチは観光旅行に来たら一度は見ておきたいビーチです。

与那覇前浜の詳細はこちら

与那覇前浜ビーチで行うマリンアクティビティの詳細とプラン一覧はこちら↓

来間大橋

来間大橋

宮古島と来間島を結ぶ1690mの橋。与那覇前浜を横目に、海の真ん中を快走するのは極上の時間。満潮時を狙うとベストビューが楽しめます。ぜひドライブ観光で来間島へ向かいましょう!

来間大橋の詳細はこちら

長間浜ビーチ

観光スポットである長間浜ビーチ

宮古島から来間大橋で結ばれた小さな島、来間島にあるビーチ。真っ白な砂浜と果てしなく続く水平線が感動的な美しさ。訪れる観光客の数も少ないのでまさに隠れ家的なプライベートビーチのように楽しめる。沖縄の原風景が残る来間島の隠れ家ビーチ。潮の流れが速いので遊泳には注意が必要。入り口がわかりづらいので案内板を見逃さないように。サトウキビ畑を抜けた先に広がる絶景。海岸近くにサンゴ礁もあるのでシュノーケリングもおすすめ♪

長間浜ビーチの詳細はこちら

竜宮城展望台

竜宮城展望台から前浜ビーチを眺める

来間島の頂上にある展望台。周囲を見渡すことができ、パラグライダーなどをしている人たちを見ることができる。また、売店等もあり休憩にもおすすめ。

イムギャーマリンガーデン

自然の地形を生かして作られた海浜公園。大きな入り江は、まるで岩に囲まれたプールのよう。遊歩道や展望台もある。

イムギャーマリンガーデンの詳細はこちら

保良泉ビーチ

パンプキンホール

カヤックの名所ポイントで有名です。パンプキンホールと呼ばれる鍾乳洞があり、パワースポットして有名です。パンプキンホールへは干潮時しか行けませんが、手つかずの鍾乳洞は一見の価値ありです。

保良川ビーチの詳細はこちら

パンプキンホール探検ツアーの詳細はこちら↓

シギラビーチ

シギラビーチでウミガメとシュノーケリングを楽しむ

シギラビーチといえば、ウミガメが見られる人気のビーチ!99%の確率で見ることが出来るポイントでウミガメと一緒に泳げます。小さいお子様からご年配の方まで楽しめるのでぜひツアーに参加してみましょう!

シギラビーチの詳細はこちら

ウミガメシュノーケルの詳細はこちら↓

東部エリア

人の少ない穴場スポットが多数ある東部エリア、島の最南端にある東平安名崎の灯台や、秘境感たっぷりのビーチが点在しています。北へ続くの一本道はドライブしても楽しいです。

吉野海岸

吉野海岸

山を駆け下りてビーチに向かう吉野海岸。遠浅のビーチにはすぐそこに熱帯魚がおり、水遊びやシュノーケリングも可能。すこし行くとカラフルサンゴが広がり、サーフィンができるほどの波が立っています。夏場は観光客で沢山になるので早めに場所どりをするのがおすすめ。

吉野海岸の詳細はこちら

新城海岸

新城海岸でSUPを楽しむ

島の南東、太平洋に面した天然ビーチ。遠浅の海にサンゴ礁が発達し、シュノーケリングに最適です。浅瀬でたくさんの熱帯魚を見ることができるから、シュノーケリング初心者にもおすすめです。マリンレジャーなどのレンタルショップや売店が併設されているのでファミリーにもおすすめ。沖合い200~300mまでサンゴ礁の浅瀬が続き、コーラルフィッシュ観察にぴったりのビーチ。ビーチ入り口近くにレンタルショップがあります。

新城海岸の詳細はこちら

SUPツアーの詳細はこちら↓

東平安名崎

東平安名崎

荒々しくも美しい大パノラマビューをみられます。海に突き出た細い岬で、先端に建つ灯台に上ることができ、灯台からは東シナ海と太平洋を一望できます。紺碧の海と断崖が織り成す景観は迫力満点。

東平安名崎の詳細はこちら

比嘉ロードパーク

出典:4travel

池間島から東平安名崎に向かう際に通る休憩スポット。高台にある比嘉ロードパークからは絶景が見られます。緑の断崖絶壁と海のグラデーションなど自然を感じられます。

比嘉ロードパークの詳細はこちら

まとめ

行ってみた観光スポットはありましたか?まだまだここで紹介できていな観光スポットも沢山ありますので、ぜひお問い合わせください。

宮古島の全て遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!