宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の1月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

宮古島の1月のイメージ

-この記事をシェアする-

宮古島の1月とは?

実は宮古島で一番寒い時期は12月下旬から1月上旬。宮古島なのに足元が冷える、なんて貴重な体験が出来るかも(笑)。とはいえ、最も寒い時期でも15℃を割り込むことはなく、日中の陽射しがある時間には20℃以上あることがほとんどなので、寒すぎず暑すぎず、歩き回っても汗だくになることがない分、観光に適しているのが宮古島の1月なのです。観光客数も夏に比べると段違いに少ないので、道もスイスイ、アクティビティ難民、夕飯難民になったりの心配もなく、のんびりと宮古島観光を楽しめますよ。

宮古島の1月の天気

1月の宮古島の平均気温は約17.7℃、最高気温は約20.8℃、最低気温は約15.2℃。その頃の東京の平均気温は約6.1℃、北海道の平均気温は-3.1℃ですから、日本って本当に南北に細長いんだな、って思いますよね。年末年始など、関東などでは”雲1つなく晴れわたる空と痺れる寒さ”となる日が多いですが、宮古島では逆に、雲が多めの空で、陽射しが一番ある時間などはポカポカと言ってもいいほどです。季節風が海面を通過する間に水蒸気を含んで温められるために、この時期の宮古島は雲が厚く、雨の日が多かったりするようです。

1月の宮古島の服装と持ち物

宮古島の1月の服装

宮古島の一月の冬の海のイメージ

厚手のダウンジャケットはやり過ぎですが、風を通さないコートやジャケットは必須!個人差はあるかとは思いますが、薄手のダウンジャケットなどがあると丁度よいくらいです。ちなみに気温は低いですが、海水温は気温よりは高めなので、ウェットスーツを着れば海に入るアクティビティでも問題なく楽しめまちゃいます♪

宮古島の1月のおすすめ持ち物

寒いと言っても15℃を割り込むことはありません。日中の温かい時間であればビーチに行って砂浜を歩いたり、波打ち際でぱちゃぱちゃ遊んだりもOK♪そういう時のためにビーチサンダルは是非ともお持ちください!

宮古島の1月の主なイベント

宮古島の1月のイベント①シギラセブンマイルズリゾートの新年のイベント

宮古島の一月のシギラリゾートの花火

出典:シギラセブンマイルズリゾート

上野のシギラセブンマイルズリゾート(旧南西楽園リゾート)ではここのところ毎年のように新年のイベントが企画、開催されています。新年のイベントの詳細は、11月以降にシギラセブンマイルズリゾートHPに掲載されるとのことですので、興味のある方はチェックしてみて下さいね。

宮古島の1月のイベント②宮古島100kmワイドーマラソン

宮古島の一月の宮古島100kmワイドーマラソン

出典:宮古毎日新聞

宮古島の1月の目玉イベントといえば、宮古島100kmワイドーマラソン!第30回となる2020年の宮古島100kmワイドーマラソンは1月19日(日)に開催されます。フルマラソンの42.195kmの2倍以上の驚きの距離ですが、宮古島の美しい景色を愛でつつ美味しい空気を吸いながらだったら、1月の気温なら走り切れるかも?などと思ってしまうところが宮古島マジックですよね(笑)。100kmの部は朝5時のまだ暗いうちにスタートして伊良部大橋を渡って宮古島一周をするコース、50kmの部は起伏の激しい東海岸を中心に走るコース、一番短いコースでも宮古島の南岸沿いに22km走るコースとなっています。
全国からの参加者に紛れて宮古島のシンボル『宮古島まもる君』も毎年のように走っています!是非、沿道から「ワイドー!」と応援してあげて下さいね。

宮古島の1月のおすすめアクティビティ

宮古島の1月のアクティビティ①伊良部島・青の洞窟ツアー

伊良部島の青の洞窟

『青の洞窟』というとイタリアのカプリ島のものを思い浮かべるかとも思いますが、宮古島にも青の洞窟があるのです!ともに青の洞窟の名の通り、洞窟内部の海が光の加減で神秘的に青く輝いて美しいのを愛でて楽しみますが、その楽しみ方は全然違います。イタリアの青の洞窟は、手漕ぎボートで洞窟内に連れて行って貰い、ボートの上からその色を楽しむもの。ただし、さすがは人気観光地、ボートは大渋滞といった様相で、到底海中に潜って楽しむところではありません…。
一方、宮古島の青の洞窟は海の中の青をも楽しめる贅沢なもの!美しい青色の海とその周辺は有数のシュノーケリングスポットでもあり、魚の群れや、サンゴの群生、そしてぐっと深くなっていく地形が楽しめて、シュノーケルの域を超えて、ダイビングをしているかのような気分を感じられます!1月でもウェットスーツを着れば余裕で海に入れますので、是非、最高の青の洞窟を楽しまれてみてはいかがでしょうか?

伊良部島・青の洞窟ツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

宮古島の1月のアクティビティ②宮古島クルージングツアー

宮古島クルージングツアー

小さなお子様連れやご年配の方、体力がない方におすすめなのが、クルージングツアー。宮古エリア最大級の豪華クルーズ船『モンブラン』で宮古島の海をお楽しみいただけます。スカイラウンジで宮古の海を観ながら潮風に吹かれたり、暖かい屋内で美味しいお食事を頂いたり、ムード満点のバーラウンジでお酒をチョイスしたり、ボトムデッキのアクアラウンジではグラスボート体験まで出来てしまう、至れり尽くせりのクルーズ船です♪

宮古島クルージングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

宮古島の1月のアクティビティ③体験アクティビティ(屋内)

ミニシーサークラフト

「冬で寒いし、海はホテルから眺めるだけで十分」という方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれません。そんな方は宮古島ならではの、マリンテイストいっぱいの作品が作れる各種屋内アクティビティに参加されてみてはいかがでしょうか?世界に一つだけの宮古島感溢れるオリジナル作品は、自宅に持ち帰って宮古島の思い出に浸るのにも一興、もしくは大切な人へのお土産にしても喜ばれること間違いなしです!まったりと暖かい屋内で創作活動に打ち込む宮古時間というのもいいものですよね。

体験アクティビティ(屋内)のプラン一覧はこちら↓

宮古島の1月のアクティビティ④パンプキン鍾乳洞

宮古島鍾乳洞のパンプキンホール

宮古島には一風変わった鍾乳洞があることをご存知でしょうか。その名もパンプキン鍾乳洞!入り口が海に浸かっており、泳いでエントリーする洞窟です。入ってすぐ大きなカボチャ形の鍾乳石が現れます。ここではパンプキン鍾乳洞の名前にもなっているように、約4mもの高さを誇るカボチャの形をした巨大鍾乳石が特徴的です。洞窟内であれば雨に打たれることもなく、波や風に煽られることもないため冬場でも安心して楽しむことができます。また、冬場の海は最も透明度が高いためより一層美しさを極めます。氷柱状・段々状のトラバーチンやカー天井の鍾乳石があり、ずっと散策していられる楽しい空間となっています。鍾乳洞の中から太陽光が差し込む入り口はキラキラと輝いておりとても綺麗です。パンプキンホールに飛び込むと願い事が叶うと言われているので、訪れた際には勇気を振り絞って飛び込んでみましょう!

パンプキンホールのアクティビティはこちら↓

宮古島の1月のアクティビティ⑤グラスボート

宮古島のグラスボートとシュノーケリング

宮古島で最も寒い時期である1月。ウエットスーツを着ていればマリンアクティビティも楽しむことができますが、北風の強い天候の切り替わりが激しい冬場は別のアクティビティも視野に入れておくことが良いです。どうしても宮古島の美しい海を体感したいという方にはグラスボートをおすすめします。グラスボートは船底が透明なガラス状になっており、海に入らずとも海中観察をすることができます。ガラス越しでもはっきりと海の中を見ることができ、カラフルなサンゴ礁や魚群、可愛らしい熱帯魚など楽しい宮古ブルーを堪能することができます。

宮古島のグラスボードのプランはこちら↓

宮古島の1月のおすすめ観光スポット

①伊良部大橋

伊良部大橋

伊良部大橋は宮古島の北方に位置する伊良部島と宮古島を繋ぐ全長3,500mの大橋です。無料で渡れる日本で最長の橋としても知られます。伊良部島へと真っ直ぐ伸びる伊良部大橋は、風邪を切ってドライブするのに最適です。エメラルドグリーンの海を横目に爽やかな風を浴びながら走るのは最高に心地よいです。大橋の全長が3,540mなのも3(さん)5(ご)4(のしま)という語呂合わせにしているため、なんとも宮古島らしい洒落がきいた橋であるかがわかります。伊良部大橋を渡ると、海上に多くの岩が浮かぶ佐和田の浜やブルーボールと呼ばれる通り池など人気の観光スポットも目白押しです!

伊良部大橋の詳細はこちら↓

伊良部大橋の基本情報
スポット名:伊良部大橋
住所:沖縄県宮古島市平良久貝
アクセス:宮古空港から車で約10分

②佐和田の浜

宮古島の観光スポットの佐和田の浜

 

上でも少し触れましたが、佐和田の浜は伊良部島にある遠浅な海に無数の奇石が浮かぶ一風変わった雰囲気のある浜辺です。
どことなく惹きつけられる巨岩たち越しに見るサンセットは最高です。日本の渚100選にも選ばれる名渚なので一目見るためにでも訪れて見ることをおすすめします!

佐和田の浜の詳細はこちら↓

佐和田の浜の基本情報
スポット名:佐和田の浜
住所:沖縄県宮古島市伊良部佐和田
アクセス:宮古空港から車で約30分

③宮古島海中公園 海中観察施設

宮古島海中公園

宮古島海中公園 海中観察施設は宮古島の海に入らずとも宮古島の海底へといくことができる施設です。最下層までいくと20枚以上のアクリルパネル越しに色とりどりの熱帯魚や魚群など宮古島周辺海域に生息する生き物たちが気持ちよく泳ぐ姿を見ることができます。海底の深い青色の世界がとても幻想的です。施設内にはガイドさんが常駐しているため、魚たちの種類や海の状況、館内設備についてわからないことがあればなんでもお答えしていただけます。

宮古島海中公園の詳細はこちら↓

宮古島海中公園の基本情報
スポット名:宮古島海中公園 海中観察施設
住所:沖縄県宮古島市平良狩俣2511-1
電話番号: 0980-74-6335
アクセス:宮古空港から車で約25分

④宮古島市体験工芸村

宮古島熱帯植物園
宮古島市体験工芸村は、宮古島市熱帯植物園内にある、手作り体験ができる工房です。村内には八重山らしい赤瓦の9つの工房が立ち並んでおり、世界に一つだけの島の思い出をハンドメイドで作ることができます。伝統的な藍染や貝細工の工房からシーサーを作る陶芸工房といった手作りとお土産を兼ねてにもいいですね。どういった体験ができるかは下記にてご紹介いたします。

◾️体験工芸村内の9つの工房
・藍染め工房
・貝細工工房
・陶芸工房
・宮古織物工房
・牛の角・木細工工房
・島さば・万華鏡工房
・チガヤ工房
・郷土料理工房
・宮古馬乗馬工房

大きな広場もあるため小さなお子さま連れの方には人気があります。また、沖縄県内最大の人工熱帯植物園でたる宮古島市熱帯植物園の中にあるので、本土で見ることのできない変わった植物群をじつくり鑑賞することができます。

宮古島市体験工芸村の記事はこちら↓

宮古島市体験工芸村の基本情報

スポット名:宮古島市体験工芸村
住所:沖縄県宮古島市平良東仲宗根添1166-286
電話番号:0980-73-4111
アクセス:宮古空港から車で約10分

⑤雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)

宮古島の観光スポットの雪塩ミュージアム
雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)は、宮古島名物”雪塩”の製造工程を見学できたり、雪塩を使った商品を購入することができる施設です。雪塩とは宮古島の海水を特殊な製法によりサラサラな雪状にした塩のことであり、含有するミネラルの種類が世界一多い塩として知られます。雪塩味のちんすこうを目にしたことが一度をあるのではないでしょうか?あの雪塩です。施設内ではそんなミネラル豊富な雪塩を使用した料理の作り方が紹介してあったり、商品の販売などもされています。雪塩ミュージアムで飲み食べることができる雪塩ソフトクリームは絶品です!雪塩自体も売ってあり、ここでしか購入できない商品もたくさんあるので是非一度足をお運びください。

雪塩ミュージアムに関する記事はこちら↓

雪塩ミュージアムの基本情報
スポット名:雪塩ミュージアム(雪塩製塩所)
住所:沖縄県宮古島市平良狩俣191
電話番号:0980-72-5667
アクセス:平良港から車で約20分

まとめ

いかがでしたでしょうか。
1月の宮古島は、全国的な寒さからは程遠いので、冷え性の方など、気がつけば少し状態がよくなっていたりなんてこと、宮古あるあるです。どうせなら温泉もいくつかあるので、体の芯から温めまくっても!
人気の飲食店は勿論のこと、人気のアクティビティも申し込みやすいオフシーズン、1月の宮古島旅行を、是非とも計画されてみてはいかがでしょうか。

宮古島の年間の気温に関する記事はこちら↓

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!