宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の6月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

6月の宮古島のイメージ

-この記事をシェアする-

宮古島の6月とは?

沖縄本島よりも温暖な気候に恵まれている宮古島では、6月も楽しみなイベント・行事が開催されます。もちろん6月の宮古島は旅行、観光目的で訪れても、南国の離島でしか味わえない魅力たっぷりのアクティビティを満喫することができます。
ただし、6月の宮古島は中旬(年によっては下旬)まで梅雨が続きます。そのため、6月の宮古島旅行を楽しむときは、いくつかのポイントを意識しておくようにしましょう。今回は宮古島の6月の天気や服装、イベントやアクティビティ情報をご紹介します。

宮古島の6月の天気

雨の宮古島イメージ

まずは6月の宮古島の天気をご紹介!前述のように、6月の宮古島は5月中旬ごろからの梅雨前線活発化により、本格的な梅雨期に入っています…。そのため、雨はもちろんのこと、湿度が高い日が多くなります。気象庁の資料(1981年~2010年)によると、宮古島の6月の平均気温、湿度は下記の通りです。

平均気温 日最高気温(平均値) 日最低気温(平均値) 湿度
27.2℃ 29.9℃ 25.2℃ 84%

出典:気象庁「過去の気象データ検索」

宮古島の6月は平均気温27.2℃、1日最高気温(平均値)が29.9℃と夏本番の気候になります!しかし、湿度84%ということからもわかるように、梅雨が明ける6月中旬、もしくは下旬まではジメジメとした環境の日が多くなります。ちなみに湿度84%という数字は、宮古島の月別平均湿度で年間通して最も高い数値です。また、東京の同時期よりも約10%ほど高い数値であることからも、6月の気候がジメジメとした状況なのが確認できますね。このような理由から宮古島に住んでいる現地の人は、6月は除湿機や除湿剤などをフル活用してカビ対策を施しています。

とはいえ、6月の後半でも、梅雨が明けた後はカラッとした爽やかな天気に恵まれ、海水温も上昇しますので、快適な宮古島旅行を思う存分満喫できるようになります♪

6月の宮古島の服装と持ち物

そんな6月の宮古島旅行に行く際には、不快指数高めの梅雨の気候と、梅雨明け後の夏らしい気候の2つを意識しておく必要があります。ここでは6月の宮古島でおすすめの服装および持ち物をご紹介します!

6月の服装

6月の宮古島旅行で意識しておきたいのは、できるだけ軽やかな服装にするということです。梅雨明け前の宮古島は非常に湿度が高いため、吸水性や風通しの悪い服装は不快指数が高まる原因になります。湿度が高いと精神的にも不快な気分に陥りやすいですから、それを軽減するには、風通しのよい衣類や汗をかいてもさらっとした肌触りを維持できる吸湿、吸水性能に優れた衣類を着用するようにしましょう!

半袖のTシャツ、ショートパンツ、薄手のスカート、コットンやリネン素材を使った衣類がおすすめです。

6月のおすすめ持ち物

6月の宮古島旅行では、準備しておくと便利な持ち物があります。まず、1点目は薄い長袖の衣類などです。6月の宮古島は夏本番の気候になりますから、気温のみでいえば長袖の衣類は不要です。ただし、梅雨明け後の宮古島は非常に強い太陽の光が注がれるため、日焼け防止、紫外線対策を施す必要があります。日焼け、紫外線対策の方法は複数ありますが、最も簡単にできるのは袖付きのシャツや薄手のカーディガンなどを羽織ることです。また、同じく日焼け、紫外線対策のアイテムとして以下のようなものを用意しておくと便利です。

・日焼け止め
・サングラス
・アームカバー
・帽子
・日傘

アームカバーとは、腕まですっぽり覆うことができる女性用の長手袋のことを指します。これらのグッズを準備しておけば、肌を守りながら宮古島旅行を楽しむことができます。その他、梅雨の時期に宮古島旅行に行く場合は、折りたたみ傘やレインコート、タオルなどの雨対策グッズを用意しておくのもよいでしょう!海に入る予定がある方はサンダル、水着なども必需品です。

宮古島の6月の主なイベント

宮古島旅行に行く目的は、”宮古ブルー”とも評される青い海という方が多いです。しかし、6月の宮古島は地元で有名なイベントも多数開催されています。

せっかく宮古島に訪れたのであれば、時間がある方はこれらのイベントも楽しんでみてはいかがでしょうか?ここでは6月の宮古島で開催される主なイベントを4つまとめましたので解説します。

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL

出典:ごーやーどっとネット

MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVALは「離島の子どもたちに本物の音楽を聴かせ、大きな夢を与えたい」という趣旨のもと、2005年6月に始まったイベントです。例年6月に開催されるこのイベントは、歴代の出演者も非常に豪華!ORANGE RANGE、ONE OK ROCK、MONGOL800、ソナーポケット、HYなども過去に出演しております!MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVALは、全国でもひと足早く開催される夏フェスということもあり、毎年地元の方だけではなく、全国各地から多くの音楽ファンが訪れています。開催年によっては前夜祭、後夜祭も組まれているため、音楽と宮古ブルーを両方満喫したいという方は、開催日前後に合わせて旅行スケジュールを組むのもおすすめです!

前述のようにMIYAKO ISLAND ROCK FESTIVALは例年6月開催ですが、年によっては5月に開催することもあります(2019年は5月10日)ので事前チェックは忘れないようにしましょう。

詳細は公式サイトへ⇒http://mirf.jp/

ツール・ド・宮古島

ツール・ド・宮古島

出典:宮古毎日新聞

ツール・ド・宮古島とは、美しい宮古ブルーの海沿いを気持ちよく走ることができる自転車イベントです。ツール・ド・宮古島も例年6月(2019年は5月25日、26日)に開催されており、自転車好きはもちろんのこと、南国気分を味わいながら体を動かしたいという方などからも支持されているイベントです。
このイベントはタイムを競うロード部門と、自分のペースで思い思いに走ることができるサイクリング部門で構成されています。青い海に囲まれた宮古島を爽快に走り抜けることができるイベントは数少ないため、宮古島旅行の記念に参加してみてはいかがでしょうか。

詳細はこちら⇒http://www.powersports.co.jp/cycle/19_tourde_miyako/index.htm

宮古水まつり

宮古水まつり

出典:宮古毎日新聞

宮古水まつりとは、宮古用水の歴史や地下ダムの仕組みなど、宮古島の水事情を広く知ってもらうためのイベントです。宮古用水は、「宮古島に水を」という地元の強い願いから建設された大規模地下ダムの建設により誕生しました。現在、この地下ダムの水はパイプラインにより、宮古島本島のほぼ全域に送配水されています。また、宮古用水が完成したことで、サトウキビなどの作物生産が活発になりました。

宮古水まつりは例年地下ダム資料館付近で開催され、大型プールやウォータースライダーなどの水遊びも楽しむことができます。2018年は残念ながら中止となってしまいましたが、小学生や中学生ぐらいの子どもは社会勉強にもなるため、家族連れの宮古島旅行にはぴったりのイベントです。なお、宮古水まつりは年によって開催日が7月になることもあります。

海神祭(かいじんさい)

宮古島のハーリー

出典:宮古島観光協会青年部

海神祭(かいじんさい)は、文字通り海の神様に感謝をし、豊漁を祈願するお祭りです。宮古島は四方を海に囲まれた離島です。つまり海とともに暮らしてきた宮古島にとって、海神祭はなくてはならないお祭りでもあるのです!ちなみにこの海神祭は地元・沖縄では「ハーリー」とも呼ばれています。海神祭は毎年旧暦5月4日に開催され、豊漁の祈願の他にもサバニと呼ばれる伝統漁船でレースを行います。

ハーリーは沖縄県で約600年続く伝統的な行事です。旅行や観光で取り上げられることが多い青い海やアクティビティだけではなく、宮古島の歴史なども肌で感じたいという方にはおすすめのイベントです♪

宮古島の6月のおすすめアクティビティ

パンプキン鍾乳洞探検

鍾乳洞での一枚

パンプキン鍾乳洞は、古くから竜宮の神がいるともいわれており、「宮古島随一のパワースポット」とも称されることがある洞窟です。何万年もの月日をかけて創られた鍾乳洞は、まさに「神秘的な異空間」という言葉がぴったり。ちなみにパンプキン鍾乳洞は潮位の関係で洞窟に入ることができる時間が限定されているため、別名「幻の鍾乳洞」とも呼ばれています。
ちなみにこれらの通路や照明が整備されていない洞窟、鍾乳洞を探検するアクティビティのことを「ケイビング」といいます。薄暗く、整備されていない道を歩くドキドキ感を味わえるのもケイビングならではの魅力といえるでしょう。

パンプキン鍾乳洞ツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

SUP

サンセットSUP

宮古島のきれいな海を間近で満喫できるアクティビティがSUPです。SUPはサーフボードよりも分厚いボードに乗り、パドルを漕いで進むのが大きな特徴です。このマリンアクティビティはサーフィンのように波がない場所でも実践できるため、泳ぎが苦手な方でも気軽に取り組みやすいのが大きなメリットです。宮古島のSUPツアーは水着や濡れてもよい衣類が揃っていれば参加することができます。
また、直前予約も可能ですので、「何の準備もしてないよ!」という方でも実践可能です。美しい海、青い空、白い砂浜をベストポジションで眺めたいという方は積極的に参加してみましょう。

SUPツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

青の洞窟ツアー

青の洞窟シュノーケリング

宮古島旅行に行ったら必ず訪れてみたいという声も挙がるスポットのひとつが『青の洞窟』です。青の洞窟は宮古空港から車で約20分~25分ほどの場所に位置する伊良部島にあります。伊良部島の青の洞窟は体験ダイビングなどのスポットとしても有名ですが、シュノケーリングも楽しむことができます。シュノケーリングは水面で呼吸をするためのシュノケールと呼ばれる筒を口に咥えて、海の中に潜るマリンアクティビティのひとつです。

ダイビングと違って特別なライセンスも不要なため、誰でもチャレンジすることができます。青の洞窟は、太陽の光が洞窟内に差し込み、石灰質の白い海底に反射することで、青色に光り輝く絶景を生み出しています。”イラブルー”とも称される美しい海を、その肌で感じてみましょう。

青の洞窟の詳細とプラン一覧はこちら↓

シーカヤック

海面の上に浮かんでいるような気分にさえなれるほど透明度抜群の宮古島の海をカヤックでクルージングしましょう!梅雨が明ける6月は本格的な夏に突入します。ツアーによってはカヤックとシュノーケリングがセットのプランもあるので、ぜひカヤックで海上から眺めて、シュノーケリングで天然の水族館のような海中風景を眺めましょう。

シーカヤックの詳細はこちら↓

ダイビング

宮古島では様々なダイビングポイントがありますが、ここだけでしかできないものが8歳からできるスローダイビング!フルフェイスマスクで顔が濡れることがなく、マンツーマンでガイドが付いてくれるので泳がなくてもただ浮いていれば大丈夫!ライセンス不要で3世代で楽しめるこちらのプランは初めての体験ダイビングにおすすめです。

ダイビングの詳細はこちら↓

ナイトツアー

宮古島の夜といえばナイトツアー!6月なら天気がいい日も多いので、星空ツアーだけでなく星空フォトツアーなども開催されています。人工の光が殆どない宮古島の穴場スポットへ行き、ぜひ空一面に広がる星空を楽しみましょう!

ナイトツアーの詳細はこちら↓

まとめ

6月の宮古島は梅雨期と梅雨明け後で気候が異なります。そのため、6月の宮古島旅行を検討している方は、雨と紫外線の2つの対策を行っておくとよいでしょう。仮に梅雨明け後に宮古島を訪れるときは、夏仕様の持ち物でも問題はありません。

6月の宮古島は定番のアクティビティの他にも、沖縄伝統のお祭りなども開催されます。時間に余裕がある方は、これらの沖縄ならではの行事やイベントにも足を運んでみてはいかがでしょうか。6月の宮古島旅行を検討している方は、ぜひ参考にしてくださいね!

宮古島の全て遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!