宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

冬でも楽しめる南国リゾート!?宮古島は冬も魅力が盛り沢山!

冬の宮古島のイメージ

-この記事をシェアする-

宮古島は冬でも楽しめる

冬の海のイメージ

宮古島といえば南国、夏のイメージが強いですが、実は冬もおすすめ!?もちろん、真冬の時期には水着で海で泳ぐことは難しくなりますが、宿や航空券もオフシーズン料金でお財布に優しかったり、日差しが強すぎないので観光に適していたり、観光客数も夏に比べれば格段に少なくのんびり過ごせたり…冬の宮古島旅行ならではのメリットもたくさん!
今回はそんな冬の宮古島旅行の魅力をお伝えします!

冬の宮古島の天気・気候

冬になると、東シナ海から沖縄付近にかけて強い季節風が吹くのですが、この季節風が海面を通過する際に水蒸気を含みながらあたためられることで、冬の宮古島は基本的には曇りの日が多く、雨が降ったり止んだりの天気が多くなります。曇りの合間の晴れの日は、夏の痛いほどの陽射しは何処へやら、優しい陽射しなので、各種イベントや観光を楽しむのに適していますよ。

宮古島の冬の気温

宮古島で冬といわれるのは大体12月から2月頃ですが、東京や大阪のように「寒くて凍えそう…」なんてことはなく、基本的には涼しくて気持ち良いくらいです。一番寒さの厳しい1月下旬から2月上旬、最低気温が15℃に近づく頃はさすがに肌寒く感じますが、東京、ましてや札幌などの気温と比べれば、天国ですよね。晴れたお正月の日中などは、ポカポカ陽気で過ごしやすい気温になったりすることも!

宮古島の冬の服装

基本的には適当なジャケットが一枚あれば十分です。気温が低い日には北風が厳しいこともあるので、フリースにジャケットなど風を通さない工夫をするとよいですよ♪ちなみに冬の宮古島でお天気ニュースを観ていると、「北風が冷たいです!暖かい装いを!」とダウンジャケットやロングコートの画像が出て来たりすることもあり、観光客の方がダウンジャケットを着ている人もいたりして驚かされることも。観光で行く場合にはダウンジャケットが必要になることはほとんどありませんので、お気をつけて(笑)。

足元はビーチサンダルは流石に厳しいので、長ズボンに靴を履く方がよいです。当たり前ですが、宮古島は南国なので、どんな高級施設でも床暖房はついていません。1月下旬〜2月上旬の最も気温が下がる時期には、特に冷え性の方などは足元の冷えが気になるかもしれないので、厚手の靴下を用意しておくと安心です。
ただし天気が良くて、「今日は半袖でいいかも…」な暖かい日もあります。運が良ければ砂浜で遊ぶこともできるので、履き替え用にビーチサンダルも持って行くのをおすすめします♪

冬の宮古島のメリット

夏のイメージの強い宮古島に冬に旅行する魅力とは!?ここではそのメリットをいくつかご紹介いたします。

メリット1:安く行けること

宮古島は美しい海や手つかずの自然など、多くの人々を惹きつけるその魅力から、近年バブル最高潮とも言われる人気ぶり。お値段も色々とバブル気味な昨今の宮古島ですが、冬はオフシーズン。ホテル代も飛行機代もツアー料金もレンタカー代も、何もかもが夏のハイシーズンとは比べ物にならないほどの嬉しい値段設定になっています!普段は泊まれないような高級ホテルに宿泊も夢じゃないかも!?

メリット2:空がきれい

宮古島の星空

宮古島の冬の空は空気が冷たく、天気が良ければとても澄んでいます。日中の景色はより色鮮やかに、また、夜には満天の星が普段よりも更にきれいに、観られます。

メリット3:海の透明度が高い

宮古島の八重干瀬

宮古島の海は、河川がなくて土砂と海水が混ざることがないために、黒潮の影響で元々透明度の高い沖縄の海のうちでも、より透明度が高いと言われています。また、海水温は気温に比べて2ヶ月ほど遅れて低くなりますが、冬の宮古島も海水温が徐々に下がってきます。海水温が下がるととプランクトンなどの微生物が少なくなり、さらに透明度が上がってきます!透明度の高い海の条件をダブルでクリアするのが宮古島の冬の海なのです!

メリット4:他の観光客が夏に比べると少ない

その魅力から観光客数が激増している宮古島ですが、オフシーズンの冬は観光客数が夏に比べて圧倒的に少ないです。観光スポットも人はまばらになるので、映り込みのないいい写真が撮れたり、のんびり過ごせたり、車で走っていても、中心街などでの渋滞の心配もありません。また夏の宮古島では、アクティビティが満員で申し込めなかったり、どこの居酒屋も満席で、夕食難民になりかけたりなんてこともざらとありますが、冬ならその心配は要りません。

メリット5:暑すぎないので観光しやすい

いくら宮古島とはいえ冬は寒いのでは…と思われるかもしれませんが、最も寒い1月でも最高気温は21℃近く、最低気温も15℃を切ることはないため、快適に過ごせますよ。

海水温は最も冷たいとされる1月〜2月でも21〜22℃と気温よりも温かく、少し肌寒い日でもウエットスーツを着ればシュノーケルやダイビングはできますし、それでも寒いのが苦手な方はグラスボードツアーやパラグライダー・パラセイリングなど、水に入らないアクティビティも色々と出来ますし、是非楽しんでみて下さいね。

冬の宮古島にオススメのアクティビティ

ナイトツアー

宮古島星空ツアー

宮古島の冬の空は、空気が冷たいためにとても澄んでいて、星が綺麗に観られます。冬の代表星座であるオリオン座、その中には美しいオリオン大星雲が、肉眼ではっきりと観ることが出来ます。オリオン座を含み構成される冬の大三角も観られることでしょう。清少納言の枕草子にも出てくる『すばる』、プレアデス星団は、肉眼で6個、目が良い方なら7個見えると言われていますが、宮古島の冬の澄んだ空気中ならば7個余裕で観られるかもしれませんね♪

宮古島の星空を楽しめるツアーの詳細はこちら↓

クルージングツアー

宮古島のクルージングツアー

海に入らず、冷たい風に晒される心配の無いクルージングは、0歳からご年配の方まで、また体力のない方でも安心安全にご乗船いただけるので、ご家族でのご旅行にも最適です♪4フロアからなる宮古エリア最大級のクルーズ船『モンブラン』に乗船して宮古島の美しい海をお楽しみ頂けます。スカイラウンジで宮古の海を観るのはもちろん、暖かい屋内での美味しいお食事、ムード満点のバーラウンジにはお酒の種類も豊富で、ゆったりと流れる豪華な時間を満喫できます。なんと船内の地下にある、ボトムデッキに設けられたアクアラウンジでは、豪華クルーズ船に乗りながらにしてグラスボート体験まで出来てしまうのです!
サンセット&ディナークルーズのみならず、モーニングクルーズ、ランチクルーズなどコースも複数ありますので、ご都合に合わせて参加されてみてはいかがでしょうか?

三世代でも宮古島の海を楽しめるクルージングツアーの詳細はこちら↓

ダイビング

宮古島のダイビング

気温よりも海水温の方が高い冬の宮古島の海。さすがに水着で海には入れませんが、ウェットスーツを着れば快適にシュノーケルやダイビングが楽しめますよ。海の透明度が高いので、夏と変わらない豊富な熱帯魚やサンゴをよりクリアに観られます。運が良ければマンタにも会えるかも!?

宮古島のダイビングツアーの詳細はこちら↓

伊良部島・青の洞窟 グラスボートツアー

伊良部島のグラスボート

クルージングツアーよりも身近に、でも海に入るのはちょっと…な方におすすめなのがグラスボートツアー!船底がガラス仕様のグラスボートに乗って、宮古島の海中世界をお手軽に楽しめるツアーです。ボートはトイレ付きで安心、屋根付きなので、多少の雨でもへっちゃらです!冬の宮古島の海は、水が澄んでいて、サンゴや熱帯魚がキレイに見えますよ。

伊良部島・青の洞窟グラスボートツアーはこちら↓

まとめ

「宮古島の何がいいって…冬が寒くないこと!」と現地の住民達も言うように、温暖な気候の冬の宮古島。
寒さ疲れにも効果抜群ですので、是非ともこの冬には狙い目、オフシーズンの宮古島旅行を計画されてみてはいかがでしょうか。

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!