宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の3月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

宮古島のシギラビーチ

-この記事をシェアする-

宮古島の3月とは?

3月は本州でも日中は、春めいた日が多くなります。しかし、まだまだコートが手放せない時期で、「花冷え」という言葉もあるように、小春日和よりも、寒く感じる日も多い3月ですよね。
しかしながら、南国リゾートの宮古島では、気候が安定し始め、観光にもアクティビティにもうってつけの気候に!そんな宮古島の3月の情報とオススメアクティビティをご案内♪

宮古島の3月の天気

宮古島の3月のイメージ

3月下旬には海開きも始まる宮古島。海に入れるほどの3月の宮古島の平均気温は約20℃、平均最高気温は22.7℃、平均最低温度は17.7℃と東京の6月くらいの気温に近く、温暖で過ごしやすい気候と言えます。7月や8月の真夏に比べてればまだ空が曇る日は多いですが、日中は汗ばむような陽気の日も増えてきます。
さらに、曇りや雨の日が多い冬の時期と異なり、3月の宮古島は、1年のうちで最も雨量の少ない時期。また、宮古島で一番気になる台風の発生率も極めて少なく、安定した天候が続きます。
実はハイシーズンよりも快適に観光を楽しむことができるんですよ♪

平均気温:20℃(東京8.7℃)
平均降水量:137㎜

ちなみに3月と言えば、花粉症のピークシーズンです…特にスギ花粉の飛散が全国的に多くなる時期なので、花粉症で、「鼻水が止まらず、目が痒くてしようがない…」なんて方も多いハズ。実はそんな方にオススメなのが、3月の宮古島旅行!宮古島には、花粉症の原因となるスギが無いため、ひどい花粉症にお悩みの方には、避花粉旅行としても、3月の宮古島はおすすめです。(戻ってから更に辛い思いをする可能性はありますが…笑)

3月の宮古島の服装と持ち物

平均最高気温が22.7℃と、東京の6月並みに暖かい3月の宮古島は、日中は半袖でも問題なく過ごせます。寒さが気になる女性でも、長袖のブラウスやサマーニットで全く問題ありません。
しかし、一日の中でも寒暖差が大きく、特に曇りの日や日が暮れた後の夜の時間は肌寒く感じることもあるため、羽織り物はあった方がベター。本州の3月と違い、ダウンジャケットやコートはもちろん必要ありませんが、ウインドブレーカーやパーカーなどすぐに羽織れる軽めのアウターは持って行った方がいいでしょう。男性なら、半袖Tシャツの上にジップアップパーカーやシャツ、女性ならブラースにカーディガンくらいが3月の宮古島の服装としてはおすすめ。
海開きがされる3月下旬になると気温もかなり上がり、ショートパンツでも問題ない日が多くなりますが、3月上旬はロングパンツの方が安心です。どうしてもショートパンツを履きたいなら、いざという時の為に、ロングパンツもトランクに入れておくことをおすすめします。

また、日中は日差しが強いことも多いので、紫外線対策は必須!特に女性は真夏並みのUV対策が必要です。UV対策として、カーディガンやシャツを持っていきましょう。アクティビティや海水浴も楽しむ予定の方は長袖のラッシュガードが重宝します。

雨の量は少ないので、雨具の必要はほとんどないように感じますが、突然の雨や寒さ対策も兼ねて、ナイロン製のライトアウターを持参すると重宝します。

3月の服装

女性:長袖カットソー、ロングパンツ、カーディガン、ブラース、半袖Tシャツ、サマーニット、パーカー(羽織れるタイプ)ストール、スニーカー、ヒールのないシューズ、サンダル(下旬の場合)等
男性:半袖Tシャツ、ロングパンツ、シャツ、パーカー、ナイロンジャケット(アウトドア系)、ショートパンツ(下旬の場合)トレッキングシューズ、スニーカー、サンダル(下旬の場合)等

3月のおすすめ持ち物

前述のとおり、日差しが強いためUV対策は必須。UV対策は、今では女性だけの問題ではありません。男性もUVカット効果の高い日焼け止めクリームは持っていくことをお勧めします。
また、意外と汗をかく3月の宮古島。こまめな水分補給をお忘れなく。3月でも熱中症の危険性はありますよ。
さらにサングラスや帽子もおすすめの持ち物です。

男女ともにあると便利な持ち物:日焼け止めクリーム、UVカットパーカー、サングラス、帽子、ラッシュガード

宮古島の3月の主なイベント

旧二十日正月祭り

宮古島の旧二十日正月祭

出典:宮古新報

旧暦の1月20日(例年2月下旬から3月上旬)に宮古島の比嘉地区で開催される100年以上の歴史を持つイベントです。
二頭の獅子舞が集落を回る勇壮なイベントで、厄払いや、無病息災を記念するそうです。
元々は、明治時代の士族と平民の争いの調停記念 として始まった行事で、本州の獅子舞とは趣の異なる、宮古獅子舞を堪能することができます。
ほら貝や三線のお囃子 とともに街を練り歩く獅子舞の様子は、一見の価値があります♪

海開き

宮古島の海開き

出典:沖縄物語

海開きも3月の宮古島の大イベントです。最も早い海開きを体験するために、3月下旬の宮古島旅行を計画する人も多いと言います。
春休みに他の人よりも早く海水浴を楽しみたい方にはおすすめです!
しかし、実は3月下旬の海開きを楽しむのは観光客が多く、地元の方は小さな子供以外は4月にならないと海へは入らないそうです。笑

しかし、せっかくのバカンスなら、いち早く海を楽しむのもいいですね!
快適に水着で海水浴を楽しむには少し寒く感じることも多いため、海から上がった後の寒さ対策はお忘れなく。少し厚めのパーカーは絶対に必要です。

宮古島の3月のおすすめアクティビティ

3月下旬には海開きをする宮古島。気温も上がり、アクティビティも存分に楽しめる時期になってきます。
また、3月は海の透明度の高い時期でもあります。ウエットスーツは着用したほうがいいですが、、シュノーケリングやダイビングを楽しむのにもぴったりです。

そんな宮古島で3月に楽しめるオススメのアクティビティをご紹介!

SUP

ファミリーSUP

安定感のあるボードに乗って宮古島の美しい海を楽しめるSUPはオススメのアクティビティの代表格!おしゃれでエクササイズ効果もあることから、いま全国で人気のアクティビティです!
「興味はあるけど、やったこと無いし…」という方もいらっしゃるかと思いますが、厚くて浮力の高いSUP用のボードは安定感抜群なので、はじめての方でも数分練習すればすぐにスイスイ進むことができちゃいます♪もちろん、始める前には乗り方、パドルの漕ぎ方など丁寧にガイドが教えてくれます。

ボードの上でいろんなポーズを取ったり、縄跳びをしたり…慣れてくればいろいろな楽しみ方で遊べます♪テンションが高まったらSUPから海に飛び込んじゃいましょう!

SUPの詳細とプラン一覧はこちら↓

シュノーケリング

海の透明度が高く、気温が上がり始める3月はシュノーケリングもオススメの時期。美しく、透明度の高い海はもちろんですが、宮古島のシュノーケリングの一番の魅力はウミガメに出会えること!
日本中、いや、世界中探してもウミガメとこんなに近くで泳ぐことのできるスポットはなかなかありません!目と鼻の先でウミガメと一緒に泳げる経験は人生で一度は体験すべきです!

また、ビーチエントリーで楽しむ宮古島のシュノーケリングは遠浅の海で行うことが多いので、泳ぎが得意でない方や小さなお子様でも楽しめるのもオススメポイントの一つ♪

シュノーケリングの詳細とプラン一覧はこちら↓

ダイビング

ビーチダイビング

海に潜って海中散歩を楽しむダイビングも3月にオススメのアクティビティ。透明度が高い海ではマンタや熱帯魚などの生き物や、美しいサンゴ礁を楽しめます!
1年中周辺の様々なスポットで楽しめる宮古島のダイビングですが、3月は夏のピークに比べると観光客が少ないので、港やダイビングショップが混雑していないのもいいですね♪

ダイビングの詳細とプラン一覧はこちら↓

宮古島釣りツアー

宮古島の爆釣釣りツアー

宮古島の海には手付かずの海が広がっています。そのため海の中にはエサに慣れていないお魚が沢山いるので爆釣の釣りを楽しめます。また沖縄らしい様々な色のお魚が釣れるので、どんなお魚が釣れるかワクワクできます。小さなお子様や初めての方でも十分に楽しめるので、ご家族でツアーに参加しましょう!

釣りツアーの詳細はこちら↓

カヌーツアー

通年開催可能なカヌーツアー

カヤックの上から海底が見えるほど透き通っている海をゆっくりクルーズできます。カヤックツアーでは宮古島にある『青の洞窟』や『パンプキンホール』や『ゆにの浜』といったスポットへ向かうツアーが人気です。海に入らなくていいので、3月だけでなく、通年楽しめるのもカヌーの魅力ですね。

カヌーツアーの詳細はこちら↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?海開きも行われ、本格的にアクティビティが楽しめる時期になる3月。春休みを利用して是非宮古島旅行を楽しんでみてください♪

宮古島のすべてのアクティビティはこちらから↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!