宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

水納島への行き方・遊び方・おすすめスポット一覧!

水納島の外観

-この記事をシェアする-

水納島とは?

水納島

出典:4travel

ご存知でしょうか、実は沖縄には『水納島』という名前の島が2つあります。1つは沖縄本島の本部港から行かれるクロワッサン型の無人島である水納島、もう1つが今回ご紹介する、宮古諸島、多良間島の近くにある水納島です。
この宮古諸島の水納島は、多良間島の北約8kmに浮かぶ、エメラルドグリーンの海に囲まれた、白砂の砂浜が目に眩しい、住んでいるのは宮国さんの1世帯のみの、サツマイモ型をした平たい島です。もしかして沖縄本島の島と混同していたかもしれない宮古諸島の『水納島』、俄然興味深々ですよね?今回は行き方・おすすめスポットなどをまとめてご紹介します!

地理情報・統計情報

水納島は、多良間島(宮古島の西方約67km、石垣島の北東約35km)の北約8㎞離れた海上(北緯26度38分、東経127度)に浮かぶ、サツマイモの形をした、周囲約7km、約2.15平方kmの小さな島です。 最高標高13.2mと極めて平たい地形で、1771年の明和の大津波では島全体が飲み込まれたと言われています。
水納島は多良間島とともに沖縄県宮古郡多良間村に属し、一時は250人強が生活していたこともありましたが、昭和36年の台風被害を機に、政府の命もあり十八世帯が宮古島に移住、その後も島を離れる人が続き、現在は和牛牧場を営む宮国さんの一世帯が住むのみです。
高温多湿な亜熱帯海洋性気候で、年間を通して暖かいです。夏は日差しが強くとても暑いですが、木陰などの日陰に入れば適度な海風もあって気持ちよく過ごすことができます。

交通アクセス

水納島への船

出典:4travel

多良間島は沖縄本島と直結する航路・空路がない二次離島で、更に水納島はその多良間島との間にしか航路がないという、日本国内の有人島としては唯一、二次離島との間にしか航路がない島です。その航路も定期便が運航されているわけではないので、事前予約して乗るチャーター船になります。
チャーター船は、在住の宮国さんに迎えにお願いするか、水納島への送迎やツアーのサービスを行っている多良間島のマリンサービスなどに頼みます。チャーター船には多良間島の前泊港で乗船し、海の状態にもよりますが、約15分で水納島に到着します。
水納島に向かうチャーター船では海風を浴びながら、変わりゆく青をベースとした美しい景色を望むことができ、移動だけでもクルージングツアー並みの景観を楽しむことができます!

港からは、100mにも渡るテリハボクの防潮林のトンネルを抜けて集落へ。宮国さん宅はこちらにあり、お宅の右手には樹高15mにもなるテリハボクの巨木があります。小中学校跡が広場になっていて鉄棒だけが残っている、その前に宿泊用コテージがあります。

多良間島への行き方はこちらをcheck↓

水納島の楽しみ方

水納島は日帰りでも泊まりでも楽しむことができます。
日帰りなら、多良間島からのツアーに参加がおすすめ。泊まりの場合は、唯一の島民でもある宮国さんが所有のコテージがあるので、宮国さんに電話で問い合わせをする必要があります。泊まりの場合、お食事できるお店はもちろんのこと、スーパーも自動販売機などもありませんので、食料などは事前に用意、もしくは多良間島のスーパーで調達し、コテージで自炊になります。

海の状態を見て、水納島への途中の海でシュノーケルをさせていただけることも!数多くの熱帯魚が泳ぐ、枝珊瑚が美しい海。テーブル珊瑚も立派で、ウミガメに出会えることもあるのだとか♪水納島周辺は潮の流れが速いところもあるため、水納島周辺の海の状況を熟知した方オススメの場所で安心安全に海を楽しみましょう!

島内は野生化した沢山のヤギが自由に過ごしていて驚かされます。また、牛や猫やオオヤドカリなどなど…沢山の動物に出会えるので、生き物観察を楽しみたい方にはピッタリ♪ビーチでのんびりしたり、海で遊んだり、観光をしたり、どこもかしこも貸切な、贅沢な時間を過ごせること間違いなしです♪

水納島の人気スポット

1.浜崎ビーチ

はまさきビーチ

出典:4travel

島の西側にあるサラサラとした白砂と海の青とのコントラストが美しいビーチ。水平線に沈む美しい夕陽が見られます。日陰が少ないのでなるべく日陰を探して、水分補給もしながらお過ごし下さいね。
ビーチにはウミガメが上陸した跡が残っていることも!場合によっては多良間島から船で移動する途中に、港へ行く前にこちらのビーチに寄ることもあるそうです。

2.ハナレ崎(パナリ崎)

島の東側の景勝地。東浜崎に位置し、神聖な場所とされ、むやみに近寄ってはいけないそうです。
岬付近には『ハナレの岩』があり、岩を覆うミズガンピは枝ぶりがよく、まるで普通の木のように伸び、低木らしからぬ様相で、天然記念物とされています。
海の水は透明度が素晴らしく、浅瀬ではウミガメに普通に出会えることも。東側は風が強くて、潮の流れも速いのでくれぐれも気をつけてください!
東海岸では美しい日の出を見ることができるのも魅力の一つ♪

3.テリハボクの防潮林&テリハボクの巨木

港から100mにも渡って続く、テリハボクの防潮林のトンネルは壮観です!そして宮国さん宅の前の樹高15mにもなるテリハボクの巨木は、四方に生き生きと枝を伸ばし迫力満点です。
テリハボクは漢字で書くと照葉木、宮古の方言では『ヤラブー』と言います。フクギによく似た葉の常緑樹で台風や潮風に強く、防潮林にも適していて、水納島を守る存在です。

4.水納御嶽

水納御嶽は村指定文化財で、15世紀後半に、多良間島を統治した士原豊見親の叔父で、水納島を統治したミンナペーンスを祀っている神聖な場所です。
鳥居も作られ、『水納神社』とも呼ばれます。琉球の御嶽と本土の神社とは本来は全く別のものですが、本土の政府の何らかの意図で鳥居が後付けされたと言われています。

5.宮古遠見台跡

かつて琉球王国時代には、水納島にも『宮古遠見台』があり、往来する船を監視し、のろしをあげて通報するという重要な役割を担っていました。
現在では遠見台に至る道には草木が生い茂り、頑張って辿り着いたとしても「海を見渡せる」という状態ではありませんが、ここが使われていたんだ~という感傷には浸ることは出来るかも!?

6.宮古水納島灯台

水納島の一番高いところにある灯台。
現在でもちゃんと点灯し、周辺を航行する船舶の安全に貢献しています。

7.ヘリポート

灯台のすぐ近くには四角いコンクリ面にHの字の書かれたヘリポートがあります。島で急病人が出た時用のもの、離島ならではの設備ですね。

まとめ

水納島に行くには、まずは宮古島の離島である多良間島をスタートに、そこからチャーター船で上陸を目指すことになります。
ただでさえ天気や海の状態に左右されるところに、チャーター船の費用も比較的高額なので、水納島上陸の敷居はかなりお高めですが、ここでしか観られない景色、出来ない体験、吸えない空気がきっとあることでしょう。
どうにも興味が湧いて仕方がない…という方は、計画が計画通りにいかないことも計画に入れつつ、上陸を計画されてみてはいかがでしょうか(笑)。

-この記事をシェアする-

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!