宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の8月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

8月の宮古島

-この記事をシェアする-

宮古島の8月とは?

与那覇前浜ビーチ

宮古島の8月は、まさに夏真っ盛り!観光のハイシーズンとなり、年間を通しても、最も人でにぎわう季節です。暑さは日に日に厳しくなり、暑さ対策無しでは観光もままならないくらいです。とはいえ、都会の不快な暑さではなく、南国のさわやかな暑さを体験することができます。
ただし、8月後半になると、少しずつ台風の発生が増えてくる傾向にありますので、天気予報に注意して旅行の計画を立ててください!
今回は、そんな宮古島の8月の時期についてや天候のこと、そして楽しめるアクティビティまで色々ご紹介していきます。

宮古島の8月の天気

夏の宮古島の太陽

8月の宮古島のは夏本番の天候です!とは言え、最高気温が35℃を超える猛暑日は少なく、つねに海からの風が吹いているので、暑いながらも極端に暑すぎるということはありません。平均水温は約30℃と、まるで温水プールに入っているような不思議な感覚を味わえます。良い天気の日が増えて青い海と青い空を思う存分楽しめる半面、月の後半には台風の発生は年間を通して最も多くなる季節です。

平均気温:28.7℃(東京:26.7℃)
平均最高気温:31.5℃
平均最低気温:26.6℃
平均水温:30℃

8月の宮古島の服装と持ち物

8月の宮古島での服装は、半袖・短パンがオーソドックススタイルです。ただし、日差しの強さ(紫外線量)は本州の約1.5倍以上とも言われており、日焼けをしたくない女性は、風通しの良い薄手の長袖や日傘を必ず持参しましょう。また、肌は露出していない方がジリジリした暑さも感じにくいため、オススメです。旅行中は、特に日中の紫外線対策(日焼け止め、帽子)と水分補強をこまめに行い、体力が落ちないように楽しんでください。
また、海水浴やマリンスポーツを楽しむときは、砂浜はかなり暑くなっていますので、裸足で歩かないように気をつけてください。サンダルやマリンシューズの持参を忘れずにしましょう。

8月の服装

女性:半袖Tシャツ、UVカットのパーカー、ラッシュガード、ショートパンツ、サンダル等
男性:半袖Tシャツ、アロハシャツ、半ズボン、ラッシュガード、サンダル等

8月のおすすめ持ち物

サングラス、日焼け止めクリーム、替えのTシャツ、タオル、帽子、飲み物

宮古島の8月のおすすめポイント

ポイント1:マリンスポーツアクティビティが、たくさん楽しめる

ジェットスキー

8月の水温は30度程度あり、宮古島のすべてのアクティビティが楽しめます!南国の日差しを浴びて、ビーチアクティビティを楽しむのがおすすめです。ダイビングやシュノーケリング、カヤックなどの様々なマリンスポーツを楽しめます。

ポイント2:南国の暑さを体験できる

宮古島の夏のイメージ

平均気温は、28~9度青空の広がる南国の暑さを時間できますが、日中35度を超える日はほとんどありません。都心のようなけだるい暑さではなく、過ごし方によっては快適に旅を楽しむことができる気候で旅行を楽しめます。

ポイント3:旬の宮古島の南国フルーツが楽しめる

宮古島で楽しめるキーツマンゴー

南国フルーツの代表格、シークヮーサー、グァバ、ドラゴンフルーツ、そして糖度の高い甘酸っぱい『キーツマンゴー』が旬となる8月です。特に『キーツマンゴー』は、8月の1か月間にしか食べられませんので、8月に宮古島旅行へ向かわれる場合は是非味わって見てくださいね♪

ポイント4:ビール好きにはたまらない、ビールイベント開催

宮古島の8月には、2つのビール関連イベントがあります。
真夏に冷えたビールをグイグイ飲むのが大好きな方はぜひタイミングをあわせて訪れてみては!?

オリオンビアフェストin 宮古島

宮古島オリオンビアフェスタ

出典:宮古毎日新聞

8月上旬に開催される『オリオンビアフェストin 宮古島』は、オリオンビールを飲みながら、沖縄出身のアーティストによるライブパフォーマンスを楽しみことができる、恒例の人気イベントです。
2018年はSPECIAL LIVEでDIAMANTESやきいやま商店、宮古島出身の女性歌手HIRARA、プアエナ宮古、YAASUU、上地雄大が出演しました。その他にも、琉球國祭り太鼓宮古支部によるダイナミックな演舞も披露され、イベントの最後は打ち上げ花火が宮古島の夜空を飾ります。

うえのドイツ文化村 ダンケフェスト

うえのドイツ文化村ダンケフェスト

出典:宮古毎日新聞

8月下旬には『うえのドイツ文化村 ダンケフェスト』が開催されます。
毎年恒例の『ドイツ生ビール早飲み大会』は、中ジョッキのドイツビールを飲み切る早さを競うイベントで、豪快な参加者の飲み方がイベントを盛り上げてくれます。
野外ステージでは、地元宮古高校の吹奏楽部の演奏やダンス部の華麗な演技の他に、有名アーティストのパフォーマンスも行われます。

ポイント5:地元の伝統あるイベントを楽しめる季節

ツナシードゥ

出典:宮古新報

宮古島、宮国集落で行われる『ツナシードゥ』と言う行事は、毎年旧盆最終日の『送り火』のタイミングに行われています。賑やかに先祖の御霊を送り出し、豊作と豊漁を祈願する行事で、宮古島市の無形民俗文化財に指定されています。
また、朝には宮国公民館前の大通りで円陣を組み、宮国のクイチャーを皮切りに、東西2チームに分かれて綱引き大会が行われます。綱引きは先に2勝した方が勝ちとなり、終了後は先端部分が切られ、東西の御嶽(ウタキ)に奉納されます。

宮古島の8月のおすすめアクティビティ

マリンスポーツ

マリンスポーツ

マリンスポーツ初体験の人でも楽しめてしまうのが、マリンスポーツの定番とされる”海上のジェットコースター”と言われる『バナナボート』や『ビッグマーブル(大きな浮き輪)』で楽しむ絶叫型のアクティビティです。海の上を潮風に吹かれ、スピード感と爽快感を味わえるアクティビティです。

マリンスポーツの詳細とプラン一覧はこちら↓

シュノーケリング

お子様シュノーケリング

宮古島は、サンゴが隆起して出来た島で、海の透明度が他の離島のリゾート地より圧倒的に高いのが特長です。サンゴ礁の続くビーチも多く、潮が引くとまるで天然のプールのように波静かな場所が多いことから、宮古島の海はシュノーケリングには理想的な海です。
透明度の高い海、豊富なサンゴ礁、遠浅のビーチ、熱帯魚の豊富さやウミガメ遭遇率の高い宮古島は、世界でも有数のシュノーケリングポイントですので、是非シュノーケリングをお楽しみください。

シュノーケリングツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

フォトツアー

宮古島でのフォトツアー

宮古島の絶景の中で写真を撮る『フォトツアー』が、今大人気です!!宮古島は、透き通るように透明度の高い青い海、真っ青な空、そして白い砂浜が続く絶景ビーチがたくさんあります。
そんな宮古島の中でも、絶景スポットは世界一とも言われる『与那覇前浜ビーチ』です。ビーチの風景は、誰が見ても息を飲むほどの絶景でSNS映えする”フォト聖地”として人気があります。

フォトツアーの詳細とプラン一覧はこちら↓

八重干瀬ツアー八重干瀬エリアでのシュノーケリング

8つの干瀬からなる八重干瀬(やびじ)エリア。国の天然記念物に指定に指定されている八重干瀬ですが、海の透明度・サンゴ礁の質・熱帯魚の数などすべてで日本有数のシュノーケリング・ダイビングスポットとして有名です。8月の宮古島に来たら、泳がなくてもぜひ一度はこの海を見て感動を味わいましょう!

八重干瀬ツアーの詳細はこちら↓

スカイスポーツ

パラセーリングを楽しむ

上空から宮古島の絶景を楽しみましょう!パラグライダーやパラセーリングといったスカイスポーツでは宮古島の美しすぎるグラデーションの海や伊良部大橋、来間大橋などの橋を上空から眺めることが出来ます。所要時間1時間程ですが、絶景が見られるスカイスポーツでは、宮古島で一番の思い出になるはず。天候の良い8月であれば開催できる日も多いためおすすめです。

スカイスポーツの詳細はこちら↓

青の洞窟ツアー

青の洞窟シーカヤック

伊良部島にある青の洞窟。シーカヤックやグラスボート、シュノーケリング、ダイビングなどでエントリーすることが出来ます。洞窟内部へはシュノーケリングやカヤックで入ることができます。8月の海況がいい時期には透明度も高く、海底にはカラフルなサンゴや熱帯魚を沢山見ることが出来ます。ぜひ、宮古島旅行の1日の時間を青の洞窟を楽しみましょう。

青の洞窟ツアーの詳細はこちら↓

まとめ

透明度抜群の美しい海と、南国らしい厚さを体験できる8月の宮古島では、海で楽しめるアウトドア・アクティビティが最高に楽しい季節であり、南国フルーツが旬の季節です。
宮古島へお出かけの際は、旅先の良い思い出作りにイベントや様々なアクティビティに参加しましょう。

宮古島の全て遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!