宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島でウミガメと一緒に泳ごう!

宮古島のウミガメ

-この記事をシェアする-

宮古島の海で絶滅危惧種のウミガメを見よう!

エメラルドグリーンのビーチを持つ日本有数の人気観光地・宮古島。南国気分を満喫できるこの離島は、美しい海がクローズアップされがちですが、もうひとつ忘れてはならないものがあります。”海のアイドル” ウミガメです!笑
実は宮古島は世界的に見てもウミガメとの遭遇率が高い島といわれています。現在、絶滅の危機にも陥っているウミガメと高い確率で出会えるスポットは非常に少なく、ウミガメ目的で宮古島旅行に訪れる方も多いです。今回は宮古島のウミガメの基本情報やウミガメ遭遇率が特に高いシーズン、おすすめスポットやツアーなどをご紹介します。

そもそも『ウミガメ』ってどんな生き物!?

日本で見えるウミガメたち

宮古島のウミガメのイメージ

現在、日本では5種類のウミガメを見ることができ、沖縄・宮古島で出会えるウミガメは3種類です。そしてこの3種のウミガメは、すべて絶滅の危機に瀕しています…
ちなみにウミガメは世界に7種(8種とする説もあり)存在しますが、全種類がIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストに名前が掲載されています。つまり今ウミガメは国内だけではなく、世界的に絶滅が危惧されている生き物でもあるのです…。ウミガメは一度の産卵で多くの卵を産み落としますが、人間による卵の捕獲、カニや鳥などその他の生き物による補食による被害が後を絶ちません。また、漁業用の網に引っ掛かったり、汚染などにより命を落とすこともあります。
ウミガメはおとぎ話「浦島太郎」にも登場するなど、日本人にとってもなじみの深い生き物です。宮古島旅行でもウミガメ関連のツアーは多く組まれており、宮古島の観光人気が高い要因のひとつでもあります。前述のように、宮古島はウミガメとの遭遇率が非常に高い離島として有名です。しかし、このまま個体数が減少すると将来的にウミガメと出会える確率が低下する可能性も…。

このような理由からウミガメの数少ない命をつなぐには、私たち人間もウミガメが暮らしやすい環境を作る必要があります。一個人でできることは少ないですが、ウミガメを見つけても『触らない』、『驚かさない』といった基本的なルールは守るようにしましょう!

ウミガメの生態

ウミガメは文字通り普段生息している場所が『海』です。これが陸生のリクガメとの大きな違いです。ただし、ウミガメの祖先は陸生のカメと言われており、もともと陸に住んでいたカメが徐々に居場所を海に移していき、ウミガメに変化したようです。ウミガメは陸生のカメとは異なり、泳ぐためのヒレを持っていたり、水圧に応じて甲羅を変化させたりするなど、より海で生きるための機能が備わっているのが大きな特徴です。しかし、ウミガメもある時期になると、陸(砂浜)に姿を現します。それが産卵の時期です。

ウミガメの産卵

産卵期になると大人のメスは、砂浜で卵を産み落とします。個体により若干の違いはありますが、1回の産卵で約100個ほどの卵を3回~4回に分けて産むといわれています。そして無事孵化(ふか)したウミガメは、産まれた直後に海を目指して動きだします。これは陸にいると鳥類などに捕獲される可能性が高まるからです。できるだけ沖合いに逃げることができれば、捕食者の数も少なくなるため、生き残れる確率も高くなります。無事、目的地に到着したウミガメはそこで海藻やクラゲなどを食べて大きくなり、再び沿岸域に戻ってきます。ちなみに宮古島で見ることができる3種類のウミガメ(詳細は後述)は、いずれも砂浜で産卵を行う種です。

ただし、ウミガメはとても繊細な生き物ですので、産卵時に光や人の気配を感じると上陸を中止して海中に戻っていくことも少なくありません。これが実際にウミガメの産卵を見ることができない理由のひとつでもあります。

宮古島で見ることのできるウミガメ

ここからは実際に宮古島で観察することができる3種のウミガメをご紹介します。

アオウミガメ

アオウミガメ

出典:wikipedia

アオウミガメは宮古島で最も多く見られる種です。また、アニメやおとぎ話などに登場するウミガメの大半は、このアオウミガメがモデルともいわれています。アオウミガメは丸っこい頭と愛嬌のある顔が特徴的で、「かわいい!」という声もよく聞かれます。名前に”アオ(青)”という文字が入っていますが、これは体内の脂肪の色が青緑であることが由来で、見た目の色が青色であるという意味ではありません。
アオウミガメは大きな個体だと1m近くのサイズになります。食事中のときは食べることに夢中になっているため、比較的近い距離で観察できることもあります♪

アカウミガメ

アカウミガメ

出典:wikipedia

宮古島で見られる3種のウミガメのうち、最も遭遇率が低いのがアカウミガメです。アカウミガメは名前のとおり赤茶の色をしており、カニや貝などの海底にいる生き物を好んで食べるといわれています。

アカウミガメは沿岸部で見られることもありますが、基本的には外洋性の生き物で普段は沖合いに住んでいることが多いです。ちなみにこのウミガメは非常に長い距離を泳ぐことでも知られており、個体によっては太平洋を横断することもあるそうです…!

タイマイ

タイマイ

出典:爬虫類図鑑

アオウミガメよりも遭遇率は低いものの、アカウミガメよりもよく見かける種がタイマイです。タイマイは甲羅の模様が非常にきれいであるため、古くから鼈甲細工(べっこうざいく)として、その甲羅が利用されてきました。つまりタイマイは乱獲の歴史があるということです。この乱獲により、タイマイの生息数は減少することになりました。現在、タイマイの生息数は横ばいで安定傾向といわれており、このまま元の生息数に戻ることが期待されています。

ちなみに縁日の屋台などで売られていることが多いべっ甲飴は、色や質感がタイマイの甲羅に似ていることから、その名が付けられているとのことです。タイマイは警戒心が薄い種でもありますので、宮古島では観光客の方をいつも喜ばせてくれます。

宮古島でウミガメを高確率で出会えるシーズンはいつ?

ウミガメの息継ぎ

宮古島は年間を通して気温、海水温ともに温暖です。そのため、場所によっては1年間を通してウミガメと出会うことができます。ただし、1年間出会えるといってもトップシーズン以外は、遭遇率が低くなるのも事実です。

宮古島旅行において高確率でウミガメと遭遇できる時期は、5月~9月です。この時期はウミガメが産卵のために、卵を産み落とせるビーチを探します。もちろんウミガメの産卵は人の気配などがない夜に行われることが多いですから、卵を産み落とす瞬間などを見るのは非常に難しいです。
しかし、シュノケーリングやダイビングなどのアクティビティ中に出会える確率は高くなりますので、ウミガメ目的で宮古島旅行に行く場合は5月~9月をひとつの目安にしてみましょう。また、アクティビティプランの中には、ウミガメとの出会いをメインにし、遭遇率が90%以上のものもあります。ツアーに申込んで参加することで、ウミガメとの遭遇率を高めることもできます。

ウミガメに出会えるスポット&ツアーご紹介♪

ウミガメシュノーケリング

伊良部島でウミガメと泳ぐ

こちらはウミガメと一緒にシュノケーリングが楽しめるプランとなります。ウミガメは1日中海の中にいるわけではなく、息継ぎのために海面に上がってきます。

そのため、運がよければ水中からひょっこりと顔を出したウミガメと記念の1枚を収めることができるかもしれません。ウミガメ遭遇率が非常に高いといわれるシギラビーチなどで、宮古島でしか味わえない感動を全身で感じてみましょう。

ウミガメシュノーケリングツアーの詳細はこちら↓

グラスボート&シュノーケリング

グラスボートから見るウミガメ

グラスボートとシュノケーリングがセットになったツアーに申込むのもおすすめです。グラスボートとは船底がガラスで造られている水中および海底観察用のボートです。ガラス張りのボートですので、海に入らなくても海中の様子を望むことができます。

宮古島のグラスボートツアーで使用されるボートは、世界に5艇しかない特別仕様であり、浅く静かなインリーフまで入ることが可能です。

そのため、美しいサンゴ礁や熱帯魚の姿を間近で望むこともできます。もちろん運が良ければウミガメとの遭遇も可能です。また、伊良部島の『グレートイラブリーフ』のシュノケーリングでも、藻をおいしそうに頬張るウミガメと出会えるかも!?

グラスボート&シュノーケリングのツアーの詳細はこちら↓

ダイビング

宮古島ダイビングで会えるウミガメ

ダイビングもウミガメと遭遇するチャンスがあるアクティビティです。ダイビングツアーには2種類あり、ファンダイビングはライセンスを取得している方が参加できるツアー、体験ダイビングは初心者の方でも申込み可能なツアーです。

行動範囲はファンダイビングのほうが広いですが、体験ダイビングでもポイントによってはウミガメと遭遇することが可能です。特に宮古島の南岸エリア、伊良部島エリア、八重干瀬エリア(ホワイトシティなど)は、ウミガメと出会えるチャンスが高くなります。

体験ダイビングはこちら↓

まとめ

ウミガメと出会える南国の離島・宮古島は、ウミガメ目的で観光に訪れる方も多いです。しかし、ウミガメ遭遇率が高い宮古島でも、シーズンやスポットを間違えてしまうと、出会える確率が低下してしまいます。

そのため、ウミガメとの遭遇率を高めたい方は、旅行前に基本的なシーズンやおすすめスポットなどの情報を調べておくようにしましょう。シュノケーリング、グラスボート、ダイビングなどのアクティビティをウミガメと楽しむことができれば一生の思い出に残ること間違いなしです。

宮古島の全て遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!