宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の9月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

宮古島の9月のイメージ

-この記事をシェアする-

宮古島の9月とは?

宮古島の9月は、夏真っ盛りで観光のハイシーズンとなり、年間を通して人でにぎわう季節です。暑さは日に日に厳しくなり、観光をする際には暑さ対策は必須ではありますが、”ザ・南国”のジリジリとした暑さを体験できます。

一方で9月後半になると、少しずつ台風の発生が増えてくる傾向にありますので、天気予報に注意して旅行の計画を立ててください。今回は、そんな宮古島の9月の天候やアクティビティまで、お役立ち情報を紹介していきます。

宮古島の9月の天気

宮古島の9月の一人旅のイメージ

9月上旬は、8月の猛暑ピークを過ぎても日々真夏日が続きますが、中旬から下旬になるにつれて次第に暑さも収まります。若干朝晩は涼しくなりますし、湿度も低くなることから過ごしやすい日が徐々に増えていきます。
9月の宮古島の平均気温は27.6度、平均最高気温は30.4度という夏本番ともいえる気温ですので、旅行の際は暑さ対策を万全にして臨みましょう。

9月の宮古島の服装と持ち物

前述の通り、宮古島の9月は、日中は真夏と言ってもよいほど日差しは強く暑い日が続きます。そのため、熱中症や日焼けの対策は必ず行ってください。日焼け止め・薄手の長袖やラッシュガードなど、帽子、サングラスなど夏場と全く同じ位の装備で望みましょう!
気温が高く、外は暑い一方で、店内や施設内はどこも冷房が効きすぎるほど効いていますので、寒いのが苦手な人にはその涼しさが身に応えるかも…。女性や寒さに敏感な方は、夏服のセットに一枚羽織る薄手のアウターなどをお持ちください。

宮古島の9月の服装

女性:半袖Tシャツ、UVカットのパーカー、ラッシュガード、ショートパンツ、サンダル等
男性:半袖Tシャツ、アロハシャツ、半ズボン、ラッシュガード、サンダル等

宮古島の9月のおすすめ持ち物

サングラス、日焼け止めクリーム、薄手の羽織もの、タオル、帽子、飲み物

宮古島の9月のメリット

宮古島の9月のメリット1:マリンスポーツアクティビティが、色々楽しめる

宮古島の9月のマリンアクティビティイメージ

9月でも水温は28度程度あり、海の透明度も申し分無し!ビーチアクティビティを楽しんだり、ダイビングやシュノーケリングなどのマリンスポーツを大いに楽しめます。

宮古島の9月のメリット2:航空券・宿の金額が夏より下がるので、安価で楽しめる

宮古島の9月のの飛行機

羽田発宮古島行きのツアーの料金を比較しても、料金が最も高い7月、8月と比べても安く、後半の連休(シルバーウィーク)を外して旅行すれば飛行機代もホテル代も夏よりかなり安くなります。

宮古島の9月のメリット3:宮古島の9月は、まだまだ南国フルーツが楽しめる

ドラゴンフルーツ

宮古島の9月のドラゴンフルーツ

ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富で、さっぱりとした甘さのドラゴンフルーツは、10月まで収穫ができる、まさに旬のフルーツ。花のつぼみは天ぷらやおひたしにしてもおいしいのでお試しください。

スターフルーツ

宮古島の9月のスターフルーツ

そして、9月から収穫のフルーツと言えば、スターフルーツです。フルーツを切った断面が星型のためから「スターフルーツ」と呼ばれていますが、果肉は半透明で甘酸っぱい味わいが特徴です。果肉もサクサクした感触で、なんと皮ごと食べられます。

うりずん豆

宮古島の9月のうりずん豆

正式名称は四角豆(しかくまめ)という「うりずん豆」の収穫時期は、9月から11月頃までの旬な野菜のひとつです。
うりずん豆は、抗酸化作用の強いカロテンやビタミンCが含まれ、生活習慣病予防や免疫力を高める働きがある野菜だそうです。

宮古島の9月のメリット4:地元の伝統あるイベントを楽しめる季節

多良間島の八月踊り

出典:宮古新報

多良間島で行われる『八月踊り』は宮古諸島の伝統を感じられる祭りの一つ!宮古島と石垣島のほぼ中間に浮かぶ、人口1,100人あまりの多良間島にあり、日本一美しい村とも言われる『多良間村』で、毎年旧暦の8月8日~10日に豊年祭で演じられるのがこの『八月踊り』です。
『八月踊り』は、豊作祈願のために行った八月御願(バチュガツウガン)での奉納踊りが起源とされていますが、元は祝い酒に浮かれての踊りだったものが島で民俗踊りへと創作されたそうです。『八月踊り』は、現在国の重要無形民俗文化財に指定されており、祭りの時期には多くの観光客が訪れて賑わいを見せています。

宮古島の9月のおすすめアクティビティ

宮古島の9月のアクティビティ①ナイトツアー

宮古島の星空

南十字星が見られる最北端に位置する宮古島では、天空から降り落ちそうなほど、星がいっぱいの煌めいています。
その宮古島のナイトツアーで、人気のアクティビティが『星空観測ツアー』です。宮古島には、高いビルも明るいネオンもありませんので、星空の観察にはもってこいの場所です。星空観測ツアーは、たくさん歩いたり、泳いだりするわけではありませんので、小さなお子様からご年配の方まで、皆さんに楽しんでいただきます。

ナイトツアーの詳細とプランの一覧はこちら↓

宮古島の9月のアクティビティ②パンプキンホール探検

宮古島のパンプキンホール

鍾乳洞や洞窟などを歩くのをケイビングと言いますが、このパンプキンホール探検は、海から入っていく鍾乳洞のケイビングです。ツアーが行われるのは、宮古島随一のパワースポットとして有名な『パンプキンホール』です。
洞穴への入口は、保良泉(ほらがー)ビーチ近くの海中にあり、干潮時だけその入口から入ることができる、まさに”幻の鍾乳洞”なのです。狭い入り口から、進んでいくとすぐに目の前には『パンプキンホール』の名前の由来どおり、大きなカボチャのような形を鍾乳石に出会います。鍾乳石は1ミリ大きくなるのに数年かかると言われていますので、この形になるにはいったいどのくらいの年月が過ぎたのだろうと考えると、もう神秘的なイメージでしかこのパンプキン鍾乳石を見つめることしかできません。探検ツアーでは、この巨大な鍾乳石を登った奥へと進み、リムストーンプールと呼ばれる棚田のような石灰質の岩段や氷柱状・カーテン状の鍾乳石が、天井にまで広がる光景を見られます。竜宮の神が祀られると言われる場所だけあって、その光景には言葉を失う感動の連続を体験できます。

パンプキンホールからダイブ
最後にはパンプキン鍾乳石の上から海に向かってダイブ!ドキドキワクワクの体験です♪

パンプキンホール探検の詳細とプランの一覧はこちら↓

宮古島の9月のアクティビティ③シーカヤックツアー

宮古島でのシーカヤック

シーカヤックのアクティビティで使用するカヌーは、とても安定感のあるカヌーですので、そのためカヌーが初めての方でも、まず転覆するようなことはありません。
また、海上を進むシーカヤックと言え、波や流れが穏やかなところを選んで、ツアーを組んでいますので、小さなお子様や非力の女性でも、比較的簡単に進むことが出来ます。
アクティビティで使用するカヌーは、二人乗りのものが大半ですから、お子様やご年配の方で操縦に不安を感じる方は、インストラクターと一緒に乗ることもできます。
安心して宮古島の海を探訪するシーカヤックツアーで、綺麗な海を進む楽しさを満喫してください。

シーカヤック(カヌー)ツアーの詳細とプランの一覧はこちら↓

宮古島の9月のアクティビティ④SUP

宮古島のSUP

近年、SUPは人気沸騰しており、最近では宮古島の定番のマリンアクティビティになりつつあります。SUPはボードの上に立ってパドルで水面を漕ぎ進めるハワイ発祥のおしゃれマリンスポーツとしても知られます。SUPで使用するボードはサーフボードよりも大きく浮力が高いため、初めての方でもバランスがとりやすく簡単に乗りこなせることが人気に理由の一つです。とはいえ、波が立つとしっかりバランスを取る必要があるため、体感を始めインナーマッスルが鍛えられ全身運動効果もあるといわれています。そのため、海外セレブや有名人などにも支持されています。サンセットをバックにするSUPやボードに寝転んで見上げる星空はとても美しく、SUPの遊び方の汎用性の高さに驚かされます。あなただけのSUP体験をしてみませんか?

宮古島のSUPツアーを予約するにはこちら↓

宮古島の9月のアクティビティ⑤八重干瀬(やびじ)シュノーケリング

八重干瀬の全景

最後にご紹介するアクティビティは八重干瀬(やびじ)シュノーケリングです。八重干瀬とは国の天然記念物に指定される国内最大の卓上サンゴであり、数百種のサンゴが生息します。もちろん、熱帯魚も多種多様でありシュノーケリングスポットとしても人気です。海の透明度も抜群によく、晴天の日は視程が50mにも至るといわれています。大潮の干潮時には上陸することもできるので、海中からと陸上からの2つの景色を見比べることができます!巨大サンゴが防波堤の代わりになるため、海が穏やかなので気軽にシュノーケリング体験へ出かけてみてもいいかもしれませんね。

八重干瀬シュノーケリングを予約するにはこちら↓

宮古島の9月観光スポット

①保良泉ビーチ

保良泉ビーチ

保良泉ビーチは浅瀬でもサンゴ礁や熱帯魚を鑑賞することができるシュノーケリングに向いている遠浅なビーチです。整備や清掃がしっかりされており、サンゴでてきた白砂がビーチは暑くなりにくいため素足で歩くことができます。監視員が常駐しているため、お子さま連れの方も安心できますね。ビーチに隣接する”保良泉ビーチ・パーク”では天然地下水を利用したプールやウォータースライダー体験することもできます!

保良泉ビーチの詳細はこちら↓

保良泉ビーチの基本情報
保良泉ビーチ
沖縄県宮古島市城辺字保良

②フナウサギバナタ展望施設

フナウサギバナタ

フナウサギバナタ展望施設は伊良部島の北部に位置する展望台であり、秋季に訪れる渡鳥であるサシバが羽ばたく様子を模した像がシンボルです。サシバの像はとても迫力があり、いまにも飛び立ちそうにさえ感じます。秋ごろに飛翔する姿を目撃できるので探してみてください!フナウサギバナタ展望施設の名前になっている”フナウサギバナタ”というのは伊良部島の方言で”船を見送る岬”という意味があります。名前の通り、島の周囲を船が行き来している光景を望むことができるので、ぜひ探してみてくださいね。

フナウサギバナタ展望施設の詳細はこちら↓

フナウサギバナタ展望施設の基本情報
スポット名:フナウサギバナタ展望施設
住所:沖縄県宮古島市伊良部字前里添588-1

③比嘉ロードパーク

比嘉ロードパークは宮古島東部に位置する景勝地であり、小高くなっているため東海岸の海を一望することができます。東端に位置するため、朝からは美しいサンライズを見ることができます。中心地からそんなに遠くもないので、少し早起きして足を運んでみませんか?

比嘉ロードパークの詳細記事はこちら↓

比嘉ロードパークの基本情報
スポット名:比嘉ロードパーク
住所:沖縄県宮古島市城辺

④下地島

下地島

下地島は宮古諸島に属する離島の一つであり、伊良部大橋を渡ってアクセスします。ここにはブルーホールと異名を持ち、ダイビングスポットとしても名高い通り池や南海岸には人気シュノーケリングスポットとしても知られる中の島ビーチがあります。通り池は潮の満ち引きによる潮位の変動により色合いを変える美しいスポットです。中の島もサンゴ礁と熱帯魚が多く生息する場所であり、浅瀬が多いことからも初心者でもシュノーケリングを楽しむことができます。また、下地島には宮古諸島2つ目の空港である”下地空港”があります。パイロット操縦訓練に利用されていましたが、2019年2月からジェットスターが運行し始めました。成田空港直通便があるので、気になる方はぜひご利用ください!

下地島の詳細記事はこちら↓

下地島の基本情報
スポット名:下地島
住所:沖縄県宮古島市伊良部

⑤宮古島熱帯果樹園まいぱり

宮古島熱帯果樹園まいぱりはマンゴーやパイン、島バナナといった南国のトロピカルフルーツを栽培する農園です。
しっかり環境を管理して栽培しているため完熟のトロピカルフルーツを召し上がることができます。また、本農園は観光農園という側面もあり、カートに乗って亜熱帯の植物やトロピカルフルーツが植生している光景を鑑賞しながら園内散策することができます。

宮古島熱帯果樹園まいぱりの詳細はこちら↓

宮古島熱帯果樹園まいぱりの基本情報
スポット名:宮古島熱帯果樹園まいぱり
住所:沖縄県宮古島市下地字与那覇1210
営業時間:10:00?17:00
定休日:水曜日

まとめ

抜群の透明度を誇る美しい海と、南国らしい暑さが続く9月の宮古島で、思う存分アウトドア・アクティビティを楽しんでください。
朝晩は涼しくなりますので、ゴルフなどのアクティビティもそろそろ楽しめる9月の宮古島へ、是非お出かけください。

宮古島での全ての遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

宮古島の年間の気温に関する記事はこちら↓

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!