宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島旅行に必須の持ち物とは?

-この記事をシェアする-

       南国のリゾート地”宮古島”とは?

宮古島の海

沖縄本土からさらに南西に位置する宮古島。「宮古ブルー」と呼ばれる透明度の高い美しい海や南国特有のグルメ、夜には空一面の綺麗な星空がみれる日本屈指の観光地です。人口約55000人が暮らし、市街地に出ればスーパーやコンビニ、飲食店など利便性を持っている一方で、その市街地から離れると離島らしいのどかな雰囲気の街並みが現れる宮古島には毎年多くの観光客が訪れます。

亜熱帯気候に位置する宮古島は年間を通して気温差が小さいため、冬でも半袖で過ごせる日もあります。夏の気温は32度前後とそこまで高くないのですが、本土と比べて紫外線が強いのでしっかり対策をして、快適な旅を過ごしましょう!

宮古島で必要な持ち物

日焼け止め

日焼け止め

宮古島は日差しが強いため、日焼け止めは必須です。日焼け止めはあなたの大切な肌を南国の紫外線から守ってくれる大切なものです。日焼けをして辛い思いをしてしまった後に「日焼け止めちゃんとしとけばよかった」と後悔しないためにも、必ず日焼け止めは持っていきましょう。

せっかく宮古島に行くのであれば美しい海で泳ぐと思います。そこでおすすめなのがウォータプルーフの日焼け止め!ウォータープルーフの日焼け止めは水や汗に強いのでおすすめです。

水着

水着を着た女性

宮古島といったら美しい海!宮古島には様々なビーチが存在するのでぜひたくさんのビーチをまわってみてください!そこで必要なのは水着。お気に入りの水着を持っていっぱい写真を撮りましょう!

また連日海に入る予定のある人は速乾性のある水着を選んで持っていきましょう!次の日海に入るときに濡れたままだと辛いですよね。

シュノーケリングツアーはこちら↓

ラッシュガード

宮古島で必須のラッシュガード

先ほどウォータプルーフの日焼け止めを使うことをおすすめしましたが、宮古島の日差しから自分の体を守るには実はこれだけでは足りません。そのためラッシュガードを持っていきましょう!ラッシュガードを着用することで宮古島特有の強い日差しから自分の皮膚を守れるほか、岩場やサンゴ、クラゲから身を守ることができます。

中にはTシャツを着て海に入る方もいますが、Tシャツは海で使うことが想定されていないため、脱ぎにくかったり、動きづらかったりします。ぜひラッシュガードを持っていきましょう!

カメラ

カメラ

綺麗な海、青い空、のどかな自然。普段見ることのできない雄大な景色を目の前にすると写真を撮りたくなりますよね。宮古島ではカメラを持っていくことをおすすめします!美しい景色を撮ったり、綺麗な海を背景に家族写真を撮ったり。たくさん写真を撮ってSNSにアップロードしましょう!

またカメラは防水機能の付いたものを持っていくようにしましょう。なぜなら海の中の写真も撮るからです。鮮やかなお魚を写真に収めたりシュノーケリングをして楽しそうにしている我が子を撮ったりと防水機能の付いたカメラが大活躍します!

関連コラムはこちら↓

サングラス

サングラス

日差しの強い宮古島ではサングラスは必須です。普段サングラスを身につけない方も多いと思いますが、宮古島では強すぎる紫外線によって目に障害が出ることも少なくありません。「普段つけないから」とか、「なんか恥ずかしい」という気持ちも分かりますが、自分の目を守るために機能性に優れたサングラスを持っていくことを強くおすすめします!

アームカバー

アームカバー

日焼け止め対策としてもう一つおすすめなのがアームカバー。気温が高い宮古島では半袖で過ごすことが多いと思いますが、腕が丸出しだと宮古島の強い日差しを受けて「腕だけ日焼けがひどくて痛い!」ということも起こりえます。

そうならないためにもアームカバーを必ず持っていきましょう。

タオル

タオル

宮古島で美しい海に入った後は濡れた体を拭くものが必要ですよね?宮古島へ行くならタオルを必ず持っていきましょう!

連日海に入る予定のある方はバスタオル2枚、スポーツタオル2枚ほど持っていけば心強いです!

防水スマホケース

スマホケース

出典:amazon

最近はスマホのカメラ性能が上がっているため、「旅行のためにわざわざカメラを買わなくても自分のスマホで写真が撮れればいい」という方もいるのでしょうか?そんな方は防水スマホケースを持っていくことをお勧めします。

宮古島に観光しに来たのなら海に行き、海中でお魚たちと泳いでいる写真を撮りたくなると思います。そんな時に大活躍するのが防水スマホケースです。

最近のスマートフォンは防水機能がついたものも多くなってきました。

「私のスマホは防水機能付きだから防水スマホケースなんていらないんじゃないの」という方もいると思います。

しかしそうではないのです!防水機能と謳っているスマホは防水のための試験が真水を仮定したものになっているので、海水の中で使われることを想定していません。また、耐水性能は永続的に保障されるものではないので、防水スマホケースを持って行った方が良さそうです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?宮古島では本土と気温や日差しの強さが違うため、日焼け対策が重要です。ぜひ万全の準備をして快適な宮古島旅行を過ごしてください。

では、いってらっしゃい!

宮古島での全ての遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!