宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の4月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

4月の宮古島で咲くデイゴの花

-この記事をシェアする-

宮古島の4月とは?

沖縄の県花である『デイゴ』のハナが徐々に咲き始める、4月の宮古島。気温は更に上がり、4月上旬の天気の悪い日に少し肌寒く感じることがあるのを除けば、基本的に半袖一枚で過ごせる気候になります。
そんな4月の宮古島を楽しむためには?天気や服装情報とともにオススメアクティビティをご紹介いたします!

宮古島の4月の天気

4月の宮古島のイメージ

4月の宮古島は初夏という言葉がぴったりの気候です。海開きもほとんどのビーチで行われ、天気のいい日は海に入ることももちろん可能です。
4月の宮古島の平均気温は22.7℃と東京の6月から7月並み。しかし、まだ湿度もそれ程高くないので東京の6月、7月に比べて快適に過ごすことができます。
平均最高気温は25.1℃、平均最低温度は20.2℃と25℃を超える日も少なくなく、平均最低気温でも20℃を下回らない4月の宮古島は、東京の6月ごろのような軽装で十分です。
一方で、降水量は160㎜とやや多く、雨の日の対策の上着は念の為準備しておきましょう。
また、初夏のような気候ですが、台風の発生率も極めて少なく、宮古島を楽しむには最適のシーズンです。(その為、航空券や宿の価格は5月、8月のハイシーズン並みです…)

平均気温:22.7℃(東京:13.9℃)
平均降水量:160㎜

雨さえ降らなければ寒いと感じることのない4月の宮古島はバカンス気分を十分に堪能できるシーズンとも言えます。

4月の宮古島の服装と持ち物

平均最高気温25.1℃の4月の宮古島は、男性も女性も日中は半袖で十分です。

雨が降らない限り、肌寒く感じることは少ないかと思いますが、朝晩の気温差はある為、寒さに弱い方や女性は薄手のカーディガンやパーカー、麻シャツなどを持参した方がいいでしょう。
4月下旬になると、アロハシャツにショートパンツを合わせるバカンススタイルでも問題なく過ごせますが、やはり念のために長袖シャツは1枚くらいあった方が便利です。
とは言え25℃を超える気温の4月の宮古島では、寒さ対策よりも汗対策でTシャツを少し多めに持って行くなどの準備をしていった方がいいでしょう。
勿論、旅の思い出にお土産品のTシャツを買うのもアリです!

そして忘れてはいけないのは紫外線対策!4月の宮古島は、ほとんど初夏なので、紫外線対策をしっかりとしておくことをおすすめします。
太陽光線もかなり強くなる4月の宮古島は、本州の真夏並みのUV対策マスト。
海に入ることを目的に4月の宮古島に旅行される方も多いかと思いますが、水の中でも紫外線対策は必要です。
海水浴時は水着の上から、Tシャツやラッシュガードを着用することをお勧めします。
現地の方も水着だけで海に入ることはほとんどないそうです。しっかりとUV対策をして海水浴を楽しみましょう!

4月の服装

女性:半袖Tシャツ、ロングパンツ、ショートパンツ、スカート、半袖シャツ、カーディガン、サマーニット、パーカー(羽織れるタイプ)スニーカー、ヒールのないシューズ、サンダル等
男性:半袖Tシャツ、アロハシャツ、ロングパンツ、ショートパンツ、シャツ、パーカー、スニーカー、サンダル等

4月のおすすめ持ち物

男女ともにあると便利な持ち物:日焼け止めクリーム、UVカットパーカー、サングラス、帽子、ラッシュガード、水着、ビーチサンダル。
また、汗をかくことが多い4月の宮古島はこまめな水分補給が不可欠。常にペットボトルの水は持っておいた方がいいでしょう。

宮古島の4月の主なイベント

全日本トライアスロン宮古島大会

宮古島トライアスロン大会

出典:宮古毎日新聞

全国的にも知名度が高く、全国から約1500人ほどの選手が集まる、大規模なトライアスロン大会が4月の宮古島で行われます。
美しい大自然の舞台に繰り広げられる、トライアスロン宮古島大会は参加者はもちろん、観戦の人気も高いため、観戦のためにこの時期に宮古島を訪れる旅行客もいるといいます。

1985年にスタートした、全日本トライアスロン宮古島大会は、2014年の30回目に、沖縄県内のスポーツイベントで初めて、内閣総理大臣杯が新設されました。

海開き

宮古島の海開き

出典:沖縄物語

3月下旬から海開きしている宮古島ですが、4月上旬には、宮古島の夏到来をアピールする目的の宮古島の海開きが行われます。

安全祈願や海開き宣言、そしてテープカットも行われる観光客に人気の恒例行事です。家族で楽しむことのできる宮古島の4月の行事の代表です。

宮古島の4月のおすすめアクティビティ

4月に入ればほぼすべてのビーチで海開きをする宮古島。

25℃を超える日も多くなるので、海水浴や海で行うアクティビティを楽しむにも最適です。
4月上旬は少し寒く感じる日もありますが、下旬なら問題なく泳げます。

しかし、真夏と違い長時間の海水浴にはベストシーズンとは言えません。
海水浴後、身体が冷えることも多いので、パーカーや薄手のスウェットなど、暖の取れるアイテムは必要です。

真冬に比べて海の透明度は落ちますが、水温が高いためシュノーケリングやダイビングも快適です。

SUP

女子旅SUP

気温・水温ともに夏に近づく4月の宮古島。ビーチにも人が増え、海水浴を楽しむ人達も増えてきます。そんな4月で一番のオススメアクティビティはSUP(スタンドアップパドルボード)。ハワイ生まれで少し大きなサーフボードに乗ってパドルを漕いで進むアクティビティです。オススメの理由は何よりもそのおしゃれさ!笑 ビーチで海水浴を楽しむ人達の横をパドルをこいでスイスイ進む姿はなんとなくかっこよく感じられます。

この時期は比較的水温も高いので、シュノーケリングとSUPを同時に楽しむセットツアーも人気です!

SUPの詳細とプラン一覧はこちら↓

シュノーケリング

宮古島の海

冬に比べると透明度は少し落ちてしまいますが、シュノーケリングももちろん人気!暖かくなり、南国らしい海水浴とシュノーケリングを楽しむことができます。
色とりどりのサンゴを見ながらゆったりと水面を漂うだけで普段のストレスから開放されていきます。

シュノーケリングの詳細とプラン一覧はこちら↓

パンプキン鍾乳洞

パンプキンホール

宮古島のパワースポットとして有名な『パンプキン鍾乳洞』。その名の通り、大きなかぼちゃのような鍾乳石を見ることのできる洞窟探検です。洞窟体験とは言っても入り口は海の中。シュノーケリングセットをつけて進んでいきます。また、洞窟内は冷たい地下水が流れているので、冬の時期よりも、少し暖かくなってきた4月頃から気持ちよく楽しむことができます!
最後には鍾乳石の上から海面に思いっきりジャンプ!新年度のスタートにもぴったりです。笑

パンプキン鍾乳洞探検の詳細とプラン一覧はこちら↓

八重干瀬(やびじ)ツアー

透き通る八重干瀬の海

4月といえば、ここ宮古島ではすでに泳げる時期。国の天然記念物に指定された日本最大級の八重干瀬(やびじ)エリアにてシュノーケリング・ダイビング・釣りツアーを楽しみましょう。見たことも無いような透明度を誇る八重干瀬の海と南国ならではの空の色を味わいながら八重干瀬でのツアーを楽しみましょう!

八重干瀬(やびじ)ツアーの詳細 はこちら↓

青の洞窟ツアー

4月の青の洞窟

洞窟周辺だけ幻想的な色を放つ青の洞窟の海。4月はそれほど人もおらずゆっくりと青の洞窟の海を楽しめます。青の洞窟のエントリー方法も様々でグラスボートやカヤックといった方法で青の洞窟へ向かうこともできます。横幅3mと狭い青の洞窟をシュノーケリングで向かう際はカラフル熱帯魚のお出迎えがあるかも。また、近くに『ビジャス』というシュノーケリングポイントもあり、青の洞窟と一緒に行きたいですね。

青の洞窟ツアーの詳細こちら↓

まとめ

いかがでしたでしょうか?宮古島の”初夏”とも言える4月。暖かくなり、南国らしい雰囲気とアクティビティを楽しめる宮古島に是非旅行に来てみてください♪

宮古島のすべてのアクティビティはこちらから↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!