宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島でパラグライダーを楽しもう!

-この記事をシェアする-

宮古島で空を飛ぼう!

パラグライダーを楽しむ女性

皆さんは一度でいいから空を飛んで見たいと思ったことはありませんか?しかし「どこでそんなアクティビティができるのかわからない」「飛びたいけど本当に安全なのかわからないので怖い」なんて感じ方もたくさんいると思います。そんなみなさんにオススメするのが宮古島で大人気のアクティビティ・パラグライダーです。

今回はみなさんの空を飛びたいという願望を叶えるアクティビティ・パラグライダーについて解説していきたいと思います。

パラグライダーとは?

宮古島のビーチからテイクオフ

パラグライダーとはパラシュートを背負い山や丘から滑空する今大人気のスカイスポーツです。スポーツ用に開発されたパラシュートを地上で開き、斜面などを利用して大空に飛び立ちます。エンジンやモーターなどの動力源はありませんが上昇気流を掴み、両手の操縦索でパラシュートを操ることによって鳥のように自由自在に滑空することができるのです。

スカイスポーツの中でもとりわけ軽装で、女性のプレイヤーが多いことでも知られています。

パラセーリングとの違い

パラセーリング中の観光客

よくパラグライダーと混同されるスポーツの一つがパラセーリングです。実際この二つにはどのような違いがあるのでしょうか?いくつかのポイントに分けて解説して行きます。

パラセーリングとは?

パラセーリングとは近年宮古島で人気となっているマリンスポーツの一種です。パラシュートを装備した人とモーターボートをロープでつなぎ、引っ張ることで空中に浮き上がることができるのです。

上空から青い海や遠くの島々を一望でき、空を飛ぶというよりは空を泳ぐような感覚を味わえます。パラセーリングは老若男女誰でも楽しめ、大人気なことから各社旅行会社からパラセーリング体験が組み込まれたツアーやパック旅行も数多く売り出されています。

パラグライダーは自由に空を飛べる

パラグライダーは両手の操縦索を持ってパラシュートを操縦し、自由に空を飛ぶことができます。それに対しパラセーリングはボートに引っ張ってもらって宙に浮かぶので、行き先を自由に決めることができません。

技術を一切必要としない代わりに自分で行き先を決めることができないので自由に空を飛び回りたいと言う方にとっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

パラシュートの形

パラグライダーとパラセーリングではパラシュートの形が大きく違ってきます。パラセーリング用のパラシュートは円型をしているのに対して、パラグライダーは長方形型のパラシュートを使用します。

パラグライダーのパラシュートは軽くて薄い素材でできているものが多く、収納に便利で一人で持ち運べるものも多いです。また装備も大変シンプルなのでセッティングもそこまで難しいものではありません。

場所

パラセーリングとパラグライダーは行う場所が違います。パラセーリングはマリンスポーツですので主には海で行います。それに対してパラグライダーは多くの場合山や丘、渓谷などで行います。登山で山頂に到着した後に、頂上からパラグライダーで飛びながら下山してくるなんて楽しみ方をする人も多いようです。

パラグライダーは宮古島でも人気ですが、宮古島以外でも東京都や北海道、京都でもパラグライダー を楽しむことができます。

技術

パラグライダーを楽しむためにはある程度の技術が必要になってきます。パラグライダーで滑空するには上昇気流を利用する必要があります。そのため上昇気流に乗るための技術をまず身につけなければならないのです。さらにパラグライダーは両手の操縦索でパラシュートを操縦する必要があるので、状況判断能力、操作能力も求められます。とはいえ、ツアーではガイドが一緒に飛ぶので小さいお子様でもご参加可能です。

それに対してパラセーリングは特別な技術も操作もないので誰でも気軽に楽しむことができます。技術といってもそこまで高度なものではないので初心者でも慣れてくればより高い高度まで飛ぶこともできます。

パラセーリングの詳細はこちら↓

どのくらい高く飛べるの?

伊良部大橋を上空から撮影

パラグライダー はパラセーリングよりも高いところを飛ぶことができます。技術のない初心者でも数メートルほど飛ぶことができます。経験者で技術を取得している人であれば高度2000メートル以上のところを滑空でき、100キロもの距離を移動することができます。シンプルな装備に似合わずかなり高性能なスポーツがパラグライダー です。

パラグライダーをするときの服装や持ち物は?

パラグライダーを楽しむ旅行客

この章ではパラグライダー をより快適に楽しむために持って行った方が良いものをまとめました。ツアーによっては個別に持ち物の指示がある場合もありますのでそちらの指示を優先してください。

長袖、長ズボン

パラグライダー山中や丘などの自然の中で行うため長袖長ズボンを着用した方が良いでしょう。
またパラグライダーのラインがすれたり、転んだりする場合がありますので怪我防止のためにも持っていくことをオススメします。
フライト場所によってはラフな格好でも大丈夫な場合があるので事前に問い合わせた方が確実でしょう。

トレッキングシューズ

こちらも山中で行う際には必須のアイテムとなっています。
歩くことが多くなるので疲れにくい靴を選ぶようにしましょう。
ヒールやサンダルでいくのは怪我の原因となる場合がありますのでやめましょう。

手袋

怪我防止やラインの摩擦を防止するために必要となってきます。
パラグライダー専用のグローブももちろん販売されていますが、ワーク用の手袋やマウンテンバイク用のグローブなどでも問題ありません。
それらもない場合は軍手でも大丈夫です。

ヘルメット

安全のためヘルメットは必ずかぶるようにしましょう。
ヘルメットはツアー会社でレンタルできることが多いので買う必要はないでしょう。

着替え、タオル

地上と上空では気温差があるため上着は持っていった方が良いでしょう。
季節や場所によっては暑い場合がありますので汗を拭くタオルも持っていきましょう。

日焼け止め

必須ではありませんが日焼けが気になる人は持っていきましょう。
宮古島で行う場合本土の数倍の紫外線が降り注いでいますので持っていった方が懸命です。

帽子

こちらも日焼け対策として持っていくと便利です。
パラグライダー 終了後、ヘアスタイルの乱れを隠すのにも最適です。

昼食、軽食

パラグライダーは山中で行われることが多いため、周りにコンビニや食堂などがない場合がほとんどです。
昼食や軽食を自分で持っていきましょう。

パラグライダー体験の流れ

宮古島のパラグライダー

この章ではパラグライダー を体験する上での流れを解説します。とあるパラグライダースクールの1日を参考に見ていきましょう。

受付

パラグライダーを体験するには予約が必須です。予約したツアーの集合時間に遅れないようにいくようにしましょう。そこで受付や精算をしてパラグライダーが始まります。

事前学習

パラグライダーを行うにあたって必要最低限の知識の講習を受けます。この学習なしではパラグライダーを成功させることはできませんので、しっかりと聞くようにしましょう。

基礎練習

事前学習が終わったら基礎練習の時間が取られます。機材の使い方やパラシュートに風を入れる練習をします。

浮遊体験

ここま終わったらいよいよパラグライダー 本番です。フライト地点がある丘まで移動しそこから滑空します。足が宙に浮く感覚が味わえ、空中から眺める景色に感動を覚えることでしょう。

終了

無事着地したらパラグライダーは終了です。受付したところまで戻って機材を返却しましょう。帰るときに温泉やスパなどがあれば疲れが取れ良い思い出にもなるでしょう。

まとめ

ここまでパラグライダーについてまとめてきました。近年宮古島ではパラグライダーが大変人気で、ツアーに組み込む旅行会社も増えてきています。ぜひ一度パラグライダーで大空を自由に飛ぶ体験をしてみてはいかがでしょうか?

スカイスポーツの詳細はこちら↓

宮古島の全て遊びはこちら↓
宮古島ツアーズ

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!