宮古島のツアー・アクティビティ予約なら宮古島ツアーズ♪

宮古島の10月の天気・服装・おすすめアクティビティをご紹介!

10月の宮古島

-この記事をシェアする-

宮古島の10月とは?

10月の宮古島

関東などでは残暑も終わってすっかり秋めいてくる10月ですが、宮古島はまだまだ夏!その暑さは『残暑』と呼べないほど…(笑)。
ですが、旅費はハイシーズンに比べて一段落、観光客も少しは減ってきて…そう、宮古島の10月は結構狙い目なんですよ!
そんな10月の宮古島の天候やおすすめを詳しくご案内♪

宮古島の10月の天気

宮古島の10月の平均気温は約25℃。真夏ほどではないものの、日差しはまだまだ強めで、晴れた日の日中の最高気温は27〜31℃くらいなので、10月でも”宮古島の夏”が満喫できちゃいます!ただし、後半につれて少しずつ気温も下がってきますので、下旬以降に行く方は要注意。
台風もしばしばやってきますが、8月、9月ほどではありません。また、湿度も真夏ほどではなくなるので、木陰に入れば爽やかな秋風が心地よいですよ♪
気温は5〜6月頃と同じくらいですが、この頃になると、海辺の茂みの高いところにはトンボが沢山飛んでいるのが見られるなど、暖かいながらも、秋を感じられます。

10月の宮古島の服装と持ち物

10月の服装

日中は半袖、短パンにビーチサンダルなど、真夏の格好で大丈夫です。勿論リゾートらしいワンピースなどでも◎。
夜になると少し気温が下がり、22〜26℃くらいとなります。半袖でちょうど良い日もありますが、夜風が少し涼しく感じる日もありますので、薄手の羽織ものや長袖を一枚持っておくとよいでしょう。

10月のおすすめ持ち物

夏の持ち物

宮古島の10月の平均水温は26度なので、まだまだ十分に海水浴、シュノーケリングなどが可能です♪秋の旅行とは言っても水着は必携で!日差しもまだまだ強いのでサングラスや日焼け止めも忘れずに。

宮古島の10月の主なイベント

パーントゥ

宮古島のパーントゥ

出典:宮古新報

宮古島のパーントゥは、宮古島市の平良島尻と上野野原に古くから伝わる、集落の厄を払い、福を招く伝統行事です。2018年11月29日にはユネスコにより無形文化遺産登録されました!ひとくくりに『宮古島のパーントゥ』と言っても、実は平良島尻地区と上野野原地区のパーントゥは行事が行われる時期も、外見も、厄払いの方法も異なります。

今回ご紹介するのは旧暦9月上旬の吉日に平良島尻地区で行われるパーントゥです。
体をキャーンと呼ばれる蔓草で覆い、仮面を被り、集落の外れにあるンマリガー(生まれ井戸)の底に溜まった泥を全身に塗った異形の神『パーントゥ』が3体、ンマリガーから現れます。そのンマリガーの泥を塗ることで、悪霊を退散させ、厄払いになると言われていて、パーントゥは集落の人間、そこに集まった人間、誰彼構わずに泥を塗りつけて行きます。赤ちゃんや小さな子どもは泥を塗られて泣き叫び、パトカーや警備の警察官にも泥が塗られ…。地域内の新築の家にはズカズカと侵入、真新しい壁にも容赦無く泥をべったり塗りつけます。それに家主は怒る…どころかお礼を言ったり、泡盛を振舞ったり。泡盛を振舞うと一時的にパーントゥが大人しくなるとか…。こんなこと言っては失礼かもしれませんが、なんだか可愛らしいですよね(笑)。
この泥がとにかく臭くて、数日はその臭いが取れないほどの臭さなのですが、パーントゥに厄払いして貰えるのならばむしろありがたい…!?ちなみに、過去には泥をつけられてクレームをつけた観光客がいたとか、いないとかで、残念なことですね。「泥をつけられたくない人は地区内に立ち入らない」のが鉄則です!

パーントゥはいくら奇抜でも、立派な地域の伝統行事であり、今や無形文化遺産です。お邪魔させていただいてる…の気持ちを持って見守り、あわよくば臭い泥を塗られたいものですよね。
ちなみに気になる開催日ですが、開催3日前に宮古の主要な新聞を通じて公表されるとのこと、たまたま来島と重なればラッキーですね!

カギマナフラin宮古島

カギマナフラin宮古島

出典:宮古毎日新聞

『カギマナフラin宮古島』は2013年から続く宮古島で行われるフライベントです。

2019年は日程としては10月4日(金)〜6日(日)。

10月4日(金)には奉納舞、マティダ市民劇場でカギマナの夕べのイベント。
10月5日(土)16:00-21:00は、海と伊良部大橋が目の前のトゥリバー海浜公園で『トゥリバーフラ』が開催され、40団体がフラを舞いますよ。宮古島の暖かい海風に吹かれながら…夕焼けを見ながら…何ともフラの雰囲気ありますよね。ちなみに観覧料は無料です。
10月6日(日)10:30から、マティダ市民劇場で行われる『インターナショナルフラコンペティション』では、国内外チームによる渾身のフラ競技を堪能できます。こちらの観覧料は1,500円です。

ちなみに9月2日〜10月8日までは宮古空港や市役所のロビーにパネル展示がされていて、9月28日(土)17:00-18:30にはマックスバリュー宮古南店で告知イベントのフラが予定されています。

多良間島ピンダアース大会

多良間ピンダアース大会

出典:宮古経済新聞

多良間の方言で、『ピンダ』は『ヤギ』、『アース』は『合わせ』、ということで、『多良間ピンダアース大会』とはすなわち『多良間の闘ヤギ大会』であり、2019年10月5日(土)開催の大会で19回目となります。分かり易いと好評の実況技解説付きで楽しめます♪ピンダふれあいコーナー、◯✕クイズ、抽選会や屋台の出店等もありますので、多良間島にいらっしゃる方は、是非!

なりやまあやぐまつり

なりやまあやぐまつり

出典:宮古新報

『なりやまあやぐまつり』は宮古民謡の代表曲『なりやまあやぐ』を継承していくことを目的に、発祥の地、城辺友利で開催されるまつりで、2019年は10月13日(日)の開催です。
昔から歌い継がれて来た、アカペラでテンポも一定でない、少々露骨な夫婦の掛け合いとも言われる『なりやま節』を元に、平良下里出身の古堅宗雄らが、意味合いはややマイルドに、三線の伴奏をつけて歌えるように作詞作曲したものが『なりやまあやぐ』です。2006年から毎年10月頃にろうそくと水中照明で幻想的に演出された海岸の特設ステージで、多くの歌い手達が『なりやまあやぐ』を歌い、優秀な歌い手には賞が贈られます。

フィナーレには打ち上げ花火も上がって盛り上がります!

シギラのハロウィン祭り

シギラリゾートのハロウィン

出典:宮古新報

上野のシギラセブンマイルズリゾート(元南西楽園リゾート)では、毎年10月にハロウィンイベントが開催されています。

夜にかぼちゃのライトアップは勿論のこと、各レストランでは、カボチャメニューや、ハロウィンデコレーションのスイーツなど、また毎週土曜の夜のシギラ花火ではかぼちゃの隠れキャラが打ち上がったりなどと、とにかくハロウィンにジャックされている模様!

10月31日のみならず、10月の早い時期(例えば去年だと10月1日から)からの開催なので、チャンスがあれば是非とも訪れてみて下さいね。

宮古島の10月のおすすめアクティビティ

シュノーケリング

宮古島のシュノーケリング

泳げる時期の宮古島に行くのであれば、海中世界を楽しまない手はありません。イノーに囲まれた透明度の高い海。ビーチエントリーしてすぐに熱帯魚が沢山いて、サンゴがあって…「宮古島に来ているわー!」と思う瞬間です!ウミガメにも高確率で出会えちゃいます!

宮古島の海中世界を楽しむシュノーケリングツアーはこちら↓

八重干瀬ツアー

宮古島の八重干瀬

八重干瀬は宮古島の北方にある周囲約25kmの日本最大級のサンゴ礁地帯で、国の天然記念物に指定されている日本最大のテーブルサンゴ礁群もある、とにかくスケールの大きな、まさに”竜宮城”と呼ぶのがふさわしい海中の楽園です。八重干瀬までは船で行き、ダイビングでも、シュノーケルでも十分楽しめます♪透明度の高い海と様々な種類のサンゴ礁は世界的にも有数のシュノーケリングスポットです。(ランカウイのダイビングインストラクターも「オキナワ、ヤビジ!凄い所って聞いたことある」と目をキラキラさせて話すほど!)

宮古島の八重干瀬の海を楽しむツアーはこちら↓

マリンスポーツ

宮古島のマリンスポーツ

宮古ブルーの海と空を見ながら開放感いっぱいに満喫するアクティビティは、最高!の一言に尽きます!バナナボードやビックマーブルといったみんなでワイワイ楽しめるものから、お一人様でも楽しめるジェットスキーの運転体験、ウェイクボードなど、様々なマリンスポーツがあります!
是非美しいビーチと海でこの爽快感を味わってみてください!

宮古島で開放感をいっぱいに感じるマリンスポーツはこちら↓

まとめ

いかがでしたか?10月でも宮古島はまだまだ”真夏の延長戦”を楽しめます!それも真夏よりも過ごしやすく、リーズナブルに♪(笑)

是非とも宮古島の10月、満喫して下さいね!

-この記事をシェアする-

関連コラム

アクティビティの予約から参加までの流れ

アクティビティを探す
シーンや時間帯からやってみたいアクティビティを探してみましょう♪
予約プランの申し込み
申し込みたいプランを決めたら、日付と時間帯を選んで申し込み開始!
予約確定
予約が完了すると、宮古島ツアーズから連絡がきます♪
アクティビティに参加
あとは当日参加するだけ!思いっきり楽しんじゃおう!!